リーダーシップとマネージメント能力の違い

スピナビ秘書 18年12月17日

よく勘違いされているのですが、「よいリーダー」はマネジメント能力があるわけではありません。
リーダーに求められるのは、あくまでリーダーシップです。
マネジメント能力が求められるのはマネージャーです。
ここでは、リーダーシップとマネジメントの違いについてみていきましょう。

 

リーダーシップとは?

リーダーシップに求められることは、「組織に利益をもたらす意思決定」をすることです。
具体的に言えば、現在の組織の状態と、それを取り囲む環境を把握し、「どこに行けば組織にとって良いのか」というゴールを設定すること、さらに、そこに辿り着くまでの大まかな道筋をデザインすることです。
それには、長期的な見通しができる能力、恐れずに新しいことに挑戦する能力が求められます。
また、多くの人から信頼されることが必要なため、人々を惹きつけ、信頼される人間力が必要となってきます。
また、リーダーという立場は確実に組織に利益を持ってくることが期待されるため、結果を持ってくることができなかった場合には、組織から外されるリスクも考えなければなりません。

 

マネジメントとは?

マネジメントとは、リーダーという立場の人が表明した「ビジョン」や「ゴール」の達成に向けて、組織を管理することです。
具体的には、組織のメンバーの役割分担、その仕事内容の管理、短期的なゴールの設定・達成、短期的に利益を持ってくること、組織のメンバーに約束やルールを守らせること、組織のメンバーの生産性の管理・分析、などです。
マネージャーたちは、他の組織のメンバーの手足を実際に動かして、その組織がゴールを達成できるように動かしていく役割を担っています。

 

リーダーシップとマネジメントの違い

リーダーシップもマネジメントも、組織の中では必要不可欠なものですが、求められていることは全く違います。
リーダーシップは、新しいものを創造する力、長期的に組織を繁栄させていく能力が求められます。
一方でマネジメントは、リーダーの設定した新しい「繁栄のゴール」に向かって、具体的に組織を動かしていくことにあります。
もっと個人レベルで、メンバーの手足を動かし、短期的な利益を組織に運んでくることが求められます。

また、リーダーシップは、「組織が新しい風を必要としている」タイミングで求められますが、マネジメントは、「ゴールが確実に定まった時」に必要なスキルです。

 

リーダーに、マネジメント能力は求められませんし、逆にマネージャーにリーダーシップを求めることもできません。
自分がどちらに向いているのか、そんなことを考えながらキャリアプランを練るのも一つの選択肢かもしれません。

他のブログ

サロン・スクール

シータヒーリング・テクニック

シータヒーリング・テクニック (THInK: ThetaHealing Institute of Knowledge®)

シータヒーリング®テクニックは1995年にヴァイアナ・スタイバルが重い病気から健康になる経験...

全部見る

最新のブログ

全部見る

スピスタグラム

シータのリーディング練習会

シータのリーディング練習会 [スピナビ>シータヒーリング]

追加募集★シータヒーリング無料セッションのお知らせ(1月19日限定)

追加募集★シータヒーリング無料セ... [スピナビ>シータヒーリング]

応用セミナーで大きなブロックをはずすコツ_その1

応用セミナーで大きなブロックをは... [スピナビ>シータヒーリング>シータ応用]

応用DNAセミナーを開催します♪

応用DNAセミナーを開催します♪ [スピナビ>シータヒーリング>シータ応用]

シータヒーリングの無料セッションのお知らせ◇1月19日限定

シータヒーリングの無料セッション... [スピナビ>シータヒーリング]

全部見る