瞑想は感情に変化をもたらすメンタルトレーニング

スピナビ秘書 18年9月24日

 

最近の脳科学の研究では、瞑想はメンタルの強化に効果があることが実証されています。
瞑想をすると、脳に流れ込む血流がアップして前頭葉が発達します。
これはウェイトトレーニングで筋肉が鍛えられるのと同じ仕組みなんです。
筋肉に負荷をかけて血液の巡りを良くすることで鍛えられるように、瞑想で前頭葉の血液の巡りを良くすることでメンタルを鍛えることができるんですね。
あなたも瞑想でメンタルを鍛えてみませんか?

 

精神的疲労の軽減

前頭葉という脳の部分は、脳の中でも不安など感情をコントロールする役割を持っています。
そのため、瞑想を続けて前頭葉が鍛えられると、不安やストレスが減っていくんですね。
瞑想とは、過去や未来ではなく「今ここにある自分」に集中する訓練です。
なので、まだ起こっていない先のことを考えて不安になるという傾向を持っている人なら、瞑想を続けることで不安が少なくなることを実感できるでしょう。
また、不安と同時に自己嫌悪の感情を減らしてくれるのも瞑想の効果です。
自己嫌悪とは、過去の失敗などを気に病んでくよくよしてしまう状態ですから、これも瞑想を続けることで軽減することができるんです。
不安やストレスが減れば疲れも癒されます。「疲れた」が口癖の人がいますが、そういう人はほとんどの場合、精神的な疲れのことを言っていますよね。
肉体的な疲れが体を休めることで回復するのと同じように、瞑想によって脳に血液を送ることによって、精神的な疲れも回復させることができるんですよ。

 

瞑想によって性格も明るく変わる

瞑想を続けると性格も変わってきます。
瞑想による変化は、前頭葉だけでなく扁桃体という不安や恐怖などの感情を処理する部位にももたらされるからです。
脳科学によると、扁桃体が鍛えられれば、不安や恐怖が少なくなるばかりか、他人への共感力が高まり性格が良くなるとも報告されています。
具体的には、人の気持ちに敏感になり、それまでより良好な人間関係を築きやすくなるということですね。
その結果、恋人が見つかったり結婚できたりといったことも起こりやすくなります。

 

まずは2カ月続ける

ハーバード大学の研究によると、瞑想の効果は、1回27分を8週間続けることで現れるそうです。
脳科学で人が何かを習慣化するのには約66日必要と言われていますが、どちらも2カ月前後で共通しているのがおもしろいですね。
ですので、瞑想を始めるのなら、まずは2カ月続けるのがおすすめです。
2カ月後にはメンタルに変化が感じられるはずですよ。

他のブログ

サロン・スクール

シータヒーリング・テクニック

シータヒーリング・テクニック (THInK: ThetaHealing Institute of Knowledge®)

シータヒーリング®テクニックは1995年にヴァイアナ・スタイバルが重い病気から健康になる経験...

全部見る

最新のブログ

全部見る

スピスタグラム

アナトミーセミナー開催間近。夫はBBQの火熾しをしています。

アナトミーセミナー開催間近。夫は... [スピナビ>シータヒーリング]

聖なる三連休はシータヒーリング®DNA応用セミナー

聖なる三連休はシータヒーリング®... [スピナビ>シータヒーリング>シータ応用]

無料セッションのご案内(10月16日限定)

無料セッションのご案内(10月1... [スピナビ>シータヒーリング]

誰でも魔法使いになれる

誰でも魔法使いになれる [スピナビ>シータヒーリング>シータ基礎]

ディグディーパーセミナー開催

ディグディーパーセミナー開催 [スピナビ>シータヒーリング>シータディグ]

全部見る