認定プロコーチから学ぶ~目覚めと覚醒への15日間~ - [インチュイティブ・アナトミー]

  • 募集中

インチュイティブ・アナトミー

募集ステータス 募集中
セミナー 認定プロコーチから学ぶ~目覚めと覚醒への15日間~
日程詳細 12月23日(祝)から1月8日まで15日間
12月28日、1月3日がお休みです。

※ 年末はOLさんも5日間お休み取れば、参加可能な日程です。最大2日間のお休みが認められますので、不参加2日間を入れると3日間のお休みで参加可能です。お休みが3日以上になる方は別途お問い合わせください。
※ お休みは、次の開催時に振替可能です。
時間 10:00 ~ 16:30
講師 長谷川 暢子(のぶこ・ルブラン)東京・目黒  講師プロフィールはコチラ
地域 関東
場所 東京・目黒駅徒歩4分 ルブラン (JR山手線、南北線、目黒線、三田線の4線乗り入れ)
http://www.le-blancs.com/index.php?サロン情報
マップはコチラ
定員 8名
受講料(税込) 初回受講料  ¥287,000
再受講    半額または1日10,000円
再々受講   
コメント 認定プロコーチから学ぶ~目覚めと覚醒への15日間~



15日間の間、
何度も生まれ変わるような体験をするでしょう


身体をスキャンされることで、
潜在意識に深く埋もれていた問題が浮上し、
それを毎日ワークすることで
今までたどり着けなかった
深い深い部分まで行くことができます。


This is it!!!~これが、そのクラスです


ヴァイアナさんが「そう、これが本番のクラスです」
と仰っていたように、シータヒーリングの数ある
セミナーの中でも最高峰のうちのひとつ。


一生に一度、15日間を自分のためだけに使ってみませんか?


毎日、
臓器別に体内スキャン→映像を見てトリガー→ペアワーク
と本当によくデザインされています。

面白いように、その日のテーマが浮上してきて、
ご自分の体調に出る方もいらっしゃれば、パートナーやご両親に出る方も。

コミットメント(決意)した人だけが集まる本気のクラスです。

ここで出会った仲間は家族同然。
どんな問題も支えあって助け合って解決していきます。
最後には別れがたいほどの絆で結ばれるでしょう。


アナトミーを受講することで、病気と障害、ワールド、DNA3
などの上級クラスを受講することが可能になっていきます。

そこに至るには必須のクラスです。



身体や病気へのワークの仕方を学んでいきますので、
セラピストやヒーラーにとって大いに役立つでしょう。
家族やご自分の健康に、一生役立つ叡智を学んでいきます。
早割りや分割にも対応していますので、ご相談ください。



◆ 3週間の流れ
第1週目は徹底的に自分と向き合います。

◆ クリアリングが進むことで、2週目は「自分、自分」というエネルギーから離れて他人と自分の関係に入っていくことが可能に。

◆ 3週目はさらに身体と心の関係を深く見つめていきます。


掘り下げに自信のない人でも大丈夫。
掘下げ、ペアワークが超上達します!

~私の得意分野~

それは「掘下げ」です。

「答えは必ずこの方の中にある」

という信頼の元、質問を投げかけていくと、
ご自分でもびっくりするような答えや気付きが得られて、
エネルギーが一気に変化していきます。


今までクライアントさんの人数1000人以上を観させていただいた経験から、

○クライアントさんが腑に落ちるセッションとは?
○Before&Afterではっきり違いがでるセッションとは?
○クライアントさんに喜んで満足していただけるスキルもお伝えしていきます。

◆時間内でペアワークを終わらせる方法
◆リーディングが20倍早くなる瞬間リーディング
◆自分の闇、ダークサイドと向き合うモチベーションからの掘り下げ
◆瞳リーディング
など内容盛りだくさんです。


また、最終日に7層に繋がってるかテストがあるのですが、
初日から皆さんの繋がり方を観て、個別アドバイスさせていただいてます。
みなさん、2週目には見違えるようにワークが上手になります!


掘り下げってワクワクする!超楽しい!レベルを目指します。

15日間徹底的にワークすることで、
深い部分でクリアリングと開放が起こっていき、
まるで生まれ変わるかのような体験を何度もすることでしょう。


身体をスキャンされることで、
潜在意識に深く埋もれていた問題が浮上し、
それを毎日ワークすることで、
今までたどり着けなかった深い深い部分まで行くことができます。



◆カリキュラム
1日目:微生物(他人に利用されてしまうという課題)
2日目:骨格系(家族や周りからの支えや経済的な課題)
3日目:内分泌系(感情表現、完璧主義、真実を知ること)
4日目:消化器系(恨み、怒り、いじめや虐待、恥など)
5日目:呼吸器系(悲しみ、後悔、自責)
6日目:循環器系(愛し、愛されること)
7日目:リンパ系(自分のために戦うこと)
8日目:排泄・生殖器系(男女関係)
9日目:筋肉(力強さ、自信)
10日目:神経系(安全ゾーンを越える、他人の観点を知る)
11日目:皮膚(自分を魅せる、美しさ、変化)
12日目:目(真実、嫉妬、エゴ)
13日目:脳(行動への恐れ、苦手意識、真実が恐い)
14日目:耳(誠実さ、正直さ、他人の観点を尊重する)
15日目:全体としての身体



楽しくって15日間があっという間!


シータは簡単。誰もが出来る。
楽しんでワクワクやることが大切。
そう思いながらシータをお伝えしています。

ですので、皆さんアナトミーでも「1日があっという間!」と驚かれます。

ワークも目からリーディング、脳を見る音楽を使ったワークなど
楽しいワークが盛りだくさんです。


15日目には「もう終わりかぁ」「ずっとここに来たい!」という気持ちに・・・。

お昼は受講生さん同士、日替わりでいろんなレストランに食べに行ったり、
卒業後も食事会や料理教室などで交流を深めています。

アナトミーで15日間を過ごした仲間は特別です。

「どんな自分の嫌な部分をさらけだしても受け止めてくれる、しかもそれを癒してくれる。家族のような、それ以上の存在」です。


◆最後に・・・
私自身、アイダホでのアナトミー受講中は
コミットメントが他のセミナーと比べて非常に強く、
ワークに対してハートがオープンになって毎日泣いていた思い出があります。

15日間クリアリングした後は、
自分の人生が無理なくスムーズに流れ出しました。
アナトミー期間中に出てきたことは、短期間で全て実現させました。

皆さんの人生は一度限り。
いらない思考パターンは取り去って、
自分が本当に望むものにスポットを当てて生きてみませんか。
そして、自分が思い描くままの最高の人生を創造していきましょう!



受講生さん達の声


• 奇跡の15日間(Gさん)

ルブランは安心安全で守られたスペースであったこと、15日前はまったく知らない人たちが暖かく真摯に受け止めてくれたことが、私の背中を強く優しく押してくれました。
もう諦めて、これでも重く抱え込んでいたことが次々に開放され、世界が、私が変わっていきました。本当に奇跡の15日間でした。

暢子さんの教え方はとてもスマートで解りやすく、場をホールドする力も素晴らしいと思います。
ルブランで受講できて本当によかった。心から感謝しています。

私がいただいたたくさんのギフトを他の人にも味わっていただきたいです。
仕事でもプライベートでも活かしていきますね♡


• 心がしゃべってる声を聴くことができました!(Nさん)

ただ、素晴らしかったです。感謝で一杯です。
毎日毎日が、私にとって奇跡のようでした。

耳の日に自分の心がしゃべってる声を聴くことができた瞬間に
今までどれ程本当は愛を注がれていたのか、
それに気付く瞬間を忍耐強く待ってもらえていたのかが分かりました。

先生に、クラスメイトの皆さんに言葉に尽くせない感謝をお送りしたいと思います。
皆さんの全ての想いが愛の中で花咲きますように
いつもいつも祈っています。


• 自分の人生のターニングポイント(Sさん)

このアナトミーで、哀しみも怒りも大きな力で受け止めてもらえました。

朝落ち込んでいて大丈夫かな。。。と思ったときも、ルブランに来て
皆でお茶してチョコレートを食べて話していると「大丈夫だ」と信じられるのです。
セッションで、皆からもらったエネルギーを忘れずに自分を大切にし、
他人を大切にし、夢をかなえる人生を生きていきます。

たくさんの愛をありがとうございました。


• とにかく、深くて濃かった(Yさん)

15日間、深い内容で深くセッションすることができました。

内容はとても濃いもので、自分のことをより知ることができました。

深く濃いので、15日間一緒にいられた仲間と暢子さんとも深い繋がりになれて、とてもうれしいです!
この仲間で、この先生で、本当によかったと思います。

暢子先生は常に、その日の受講生の状態を見えない部分まで判断していて、
1日のセミナースケジュールを組み立てているように思いました。

その絶妙なペース配分や受講生に声を掛けるタイミングが、素晴らしかったです。
これからも暢子さんについていきます。



※ 最大2日間のお休みが認められます。3日以上になる方は別途お問い合わせください
※ お休み分は次回のセミナー開講時に振替可能です。
※ 分割をご希望の方はご相談ください
※ 参加資格:応用修了者
※ お申し込みはHPのフォームよりお願いします
問い合わせ先
メールアドレス info@le-blancs.com
ホームページ  http://www.le-blancs.com/

コメント

ページ上部へ戻る