「自分色」に輝いて生きるためのファーストステップ - [基礎DNA]

  • 募集中

基礎DNA

募集ステータス 募集中
セミナー 「自分色」に輝いて生きるためのファーストステップ
日程詳細 4月26日(水) 9:30~16:30
4月27日(木) 9:30~16:30
4月28日(金) 9:30~16:30
時間 9:30 ~ 16:30
講師 愛上和宝  講師プロフィールはコチラ
地域 関東
場所 JR 常磐線 北松戸駅から徒歩7分  お申込み後に詳細をお知らせします。
定員 4名
受講料(税込) 初回受講料  ¥62,000
再受講    ¥31,000
再々受講   ¥10,000(1日)
コメント シータヒーリングを学ぶ一番最初に受けて頂くセミナーです。​

 硬くなってる考え方を軽く、柔らかくし、本来の純粋な自分を思い出します。
    
 努力しても現実が思ったように行かない時、

 「私はどうせ、こうなんだ」
 
 「がんばっても、この程度だ」 
 
「私の能力なんて、これくらいなんだ」って思うことありませんか?  
 
 それ、自分で自分を決めてしまって

    「自分はこの程度だ」って創っちゃってるんです。

 人はみんなそれぞれ、素晴らしいスキルを、

ステキな宝物を内に持っています。

 それをシータヒーリングを通して、思い出しましょう。
    
 シータヒーリングは特別なことじゃなく、誰でも本来持っている、使うことが出来る能力です。

 一緒にそのやり方を思い出し、使えるようにしていきましょう!!


 日程は3日間。自分自身へのヒーリングはもちろん、

自分以外の方にもヒーリングやリーディングが出来るようになります。


      


 「どんなことするの?」



*瞑想を練習します。

 純粋な可能性のエネルギーに繋がり、身体の本来もっている治癒力、霊的感覚を目覚めさせます。そして自分は全てなる純粋なエネルギーの一部だということ、安心な感覚、存在しているだけで愛されているという感覚を体験します。




*身体の不調を見つけるリーディングや、癒すためのヒーリングのテクニック を学びます。




*自分では自覚ができない、潜在意識の中の思考を見つけ出します。

 成長を止めてしまっている、根本になっている思考のブロックの解放の仕方を学びます。




*自分の感情や感覚に働きかけ自分を変える準備を整えます。そして自分の人生を自分自身で創造していけることを学びます。




*守護天使と出会い、お話するテクニック。

天使のエネルギーを感じることは、決して忘れることの出来ない大きな経験になります。





*浮遊霊の光への送り方をマスターできます。

長いあいだ浮遊霊に取り憑かれていると精神的、身体的な病にかかることがあります。
シータヒーリングで浮遊霊を簡単に純粋なエネルギーの光に還すことが出来ます。




*他の人から送られてきたネガティブな思念体(サイキックアタック)の取り除き方を学びます。


*生まれる前、他の時代から知っている、ソウルメイトを引き寄せる方法を学びます。




*魂の置き忘れ(ソウルフラグメント)を今の人生はもちろんのこと、全ての過去生から呼び戻します。

 たくさんのことを分かち合った愛する人を失った時。他の人との関わりで究極の孤独や感情が心に残してしまった時。

人は自分の生命エネルギーを相手の元に置き忘れたり、相手がエネルギーの一部を置いて行ってしまったりします。

どちらも精神を弱らせてしまいます。

ソウルフラグメントを過去の関係から引き戻すと、二人の間でやり取りされたDNAの情報も一緒に引き戻せ、

スカスカになってた魂(心)が元の姿を取り戻し、満たされます。




*願いの現実化の仕方を学び実践します。望む未来を自分で決めて、創造していけるテクニックを学びます。




*未来リーディングの仕方を学びます。人はその思考と行動によって自分の未来を絶えず創造し続けています。3日間でたくさん変化した自分の未来を見に行きましょう。




*いつまでも若々しく人生を送るために遺伝子やDNA に働きかけ、活性化させる仕方を学びます。




 基礎セミナーは、たくさんの事が盛り込まれています。


私が、もっとも大きく飛躍し変わることの出来たセミナー、一番大好きなセミナーです。


どんな方でも受講していただけます。



 スピリチュアルでなくても、男性でも女性でも、何歳になっていても。


楽しい時間を一緒に過ごしましょうね。

お会いできるのを、ご一緒できるのを楽しみにしています。




ヒーリング カフェ シャンティ

愛上和宝



お申し込みはホームページよりお願いいたします。
問い合わせ先
メールアドレス asou_ao@yahoo.ne.jp

コメント

ページ上部へ戻る