基本ガイドライン

【スピコミュ】シータヒーリング情報ページ利用規約(以下「本利用規約」といいます)は、第1編の基本ガイドラインおよびサービス固有の利用条件(第2編の個別サービスガイドラインを含みます)で構成されます。
なお、メンバーIDを登録していただく際には、基本ガイドラインにご同意いただき、サービス固有の利用条件につきましては、それぞれ、フェニックス株式会社(以下「フェニックス」といいます)のサービスのご利用の際にご同意いただくことになります。
なお、フェニックスのサービスを含むインターネット全般のご利用にあたっての注意事項についてはこちらをご覧ください。
第1編 基本ガイドライン
第1章 総則
第2章 プライバシーポリシー
第3章 コミュニティーサービスに関する規則(ガイドライン)
第4章 ソフトウエアに関する規則(ガイドライン)
(第2編「個別サービスガイドライン」は各サービス内で表示されます)

第1編 基本ガイドライン

基本ガイドラインはフェニックスのサービス(フェニックスが提供するサービスとソフトウエアの総称)をご利用になるすべての方に共通して適用されます。

第1章 総則

フェニックスのサービスのご利用

本利用規約にご同意いただくことによって、フェニックスのサービスをご利用いただくことができます。なお、無料で提供しているサービスにつきましては、本利用規約にご同意いただく手続に代えて、実際にご利用いただくことで本利用規約第1編基本ガイドラインにご同意いただいたものとみなします。

サービス内容の保証および変更

フェニックスは提供するサービスの内容について、瑕疵(かし)やバグがないことは保証しておりません。またフェニックスは、お客様にあらかじめ通知することなくサービスの内容や仕様を変更したり、提供を停止したり中止したりすることができるものとします。

サービスの利用制限

フェニックスは、サービスのご利用をメンバーID(以下本章で「ID」といいます)を登録された方に限定したり、一定の年齢以上の方に限定したり、フェニックスが定める本人確認などの手続を経て一定の要件を満たしたお客様のみに限定したりするなど、利用に際して条件を付すことができるものとします。
また、フェニックスは反社会的勢力の構成員(過去に構成員であった方を含みます)およびその関係者の方や、サービスを悪用したり、第三者に迷惑をかけたりするようなお客様に対してはご利用をお断りしています。

IDの登録情報

IDを登録していただく場合、(1)真実かつ正確な情報を登録していただくこと、(2)登録内容が最新となるようお客様ご自身で適宜修正していただくことがお客様の義務となります。

IDおよびパスワードに関するお客様の責任

IDとパスワードの組み合わせが登録情報と一致してログインされた場合には、フェニックスは、当該IDを登録されているお客様ご自身によるご利用であるとみなして、当該IDを用いたサービスの利用や商品の購入などによって料金や代金(フェニックスのサービスのご利用にかかる代金、利用料、会費その他名目は問いません。またフェニックスが第三者から回収を委託したお客様の債務を含みます。以下「代金」といいます)が発生した場合には、当該IDを登録されているお客様に課金いたします。

サービス利用にあたっての順守事項

フェニックスのサービスのご利用に際しては以下に定める行為(それらを誘発する行為や準備行為も含みます)を禁止いたします。

(1)日本国またはご利用の際にお客様が所在する国・地域の法令に違反する行為
(2)社会規範・公序良俗に反するものや、他人の権利を侵害し、または他人の迷惑となるようなものを、投稿、掲載、開示、提供または送信(以下これらを総称して「投稿など」といいます)したりする行為
(3)ほかのお客様の使用するソフトウエア、ハードウエアなどの機能を破壊したり、妨害したりするようなプログラムなどの投稿などをする行為
(4)フェニックスのサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為
(5)フェニックスのサービス、フェニックスの配信する広告、または、フェニックスのサイト上で提供されているサービス、広告を妨害する行為
(6)ほかのお客様の個人情報や履歴情報および特性情報(第2章プライバシーポリシーにて定義されます)などをお客様に無断で収集したり蓄積したりする行為
(7)サービスを、提供の趣旨に照らして本来のサービス提供の目的とは異なる目的で利用する行為
(8)ほかのお客様のIDを使用してサービスを利用する行為
(9)手段のいかんを問わず他人からIDやパスワードを入手したり、他人にIDやパスワードを開示したり提供したりする行為
(10)フェニックスのサービスに関連して、反社会的勢力に直接・間接に利益を提供する行為

フェニックスのサービスなどの再利用の禁止

お客様が、フェニックスのサービスやそれらを構成するデータを、当該サービスの提供目的を超えて利用した場合、フェニックスは、それらの行為を差し止める権利ならびにそれらの行為によってお客様が得た利益相当額を請求する権利を有します。

フェニックスに対する補償

お客様がフェニックスの管理するサーバーに保存しているデータについて、フェニックスでのバックアップの有無にかかわらず、お客様ご自身においてもバックアップを行っていただくものとします。

お客様の行為が原因で生じたクレームなどに関連してフェニックスに費用が発生した場合またはフェニックスが賠償金などの支払を行った場合、お客様はフェニックスが支払った費用や賠償金など(フェニックスが支払った弁護士費用を含みます)を負担するものとします。

お客様のデータおよびコンテンツの取扱い

お客様がフェニックスの管理するサーバーに保存しているデータについて、フェニックスではバックアップの義務を負わないものとし、お客様ご自身においてバックアップを行っていただくものとします。

なお、フェニックスのサービスの保守や改良などの必要が生じた場合には、フェニックスはお客様がフェニックスの管理するサーバーに保存しているデータを、サービスの保守や改良などに必要な範囲で複製等することができるものとします。

また、電子掲示板など、不特定または多数のお客様がアクセスできるサービスに対してお客様が投稿などをしたコンテンツについては、お客様または当該コンテンツの著作権者に著作権が帰属します。当該コンテンツについて、お客様はフェニックスに対して、日本の国内外で無償かつ非独占的に利用(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、出版を含みます)する権利を期限の定めなく許諾(サブライセンス権を含みます)したものとみなします。なお、お客様は著作者人格権を行使しないものとします。

広告掲載について

フェニックスは、提供するサービスやソフトウエアにフェニックスまたはフェニックスに掲載依頼をした第三者の広告を掲載することができるものとします。

投稿などの削除、サービスの利用停止、ID削除について

フェニックスは、提供するサービスを適正に運営するために、以下の場合にはあらかじめ通知することなく、データやコンテンツを削除したり、サービスの全部または一部の利用をお断りしたり、お客様のIDを削除したりするといった措置を講じることができるものとします。また、お客様が複数のIDを登録されている場合には、それらすべてのIDに対して措置がとられる場合があります。

(1)お客様が本利用規約に定められている事項に違反した場合、もしくはそのおそれがあるとフェニックスが判断した場合
(2)フェニックスにお支払いいただく代金について支払の遅滞が生じた場合
(3)代金決済手段として指定されたクレジットカードや銀行口座の利用が停止された場合
(4)お客様が破産もしくは民事再生の手続の申立てを受け、またはお客様自らがそれらの申立てを行うなど、お客様の信用不安が発生したとフェニックスが判断した場合
(5)IDが反社会的勢力またはその構成員や関係者によって登録または使用された場合、もしくはそのおそれがあるとフェニックスが判断した場合
(6)お客様が一定期間にわたってIDまたは特定のサービスを使用していない場合
(7)その他、お客様との信頼関係が失われた場合など、フェニックスとお客様との契約関係の維持が困難であるとフェニックスが判断した場合

免責事項

フェニックスの債務不履行責任は、フェニックスの故意または重過失によらない場合には免責されるものとします。

なお、お客様との本利用規約に基づくフェニックスのサービスのご利用に関する契約が消費者契約法に定める消費者契約に該当する場合、上記の免責は適用されないものとし、フェニックスは、フェニックスの故意・重過失に起因する場合を除き、通常生じうる損害の範囲内で、かつ、有料サービスにおいては代金額(継続的なサービスの場合は1か月分相当額)を上限として損害賠償責任を負うものとします。

個別サービスガイドラインなどについて

特定のフェニックスのサービスについては、基本ガイドラインのほかに、サービス固有の利用条件が設けられている場合があります。本利用規約第1編に定める基本ガイドラインと本利用規約第2編に定める個別サービスガイドラインを含むサービス固有の利用条件が異なっている場合には、特段の定めがない限り、当該サービスに関してはそのサービス固有の利用条件が基本ガイドラインに優先して適用されるものとします。

利用規約の変更について

フェニックスが必要と判断した場合には、お客様にあらかじめ通知することなくいつでも本利用規約を変更することができるものとします。ただし、ご利用いただいているお客様に大きな影響を与える場合には、あらかじめ合理的な事前告知期間を設けるものとします。

通知または連絡

お客様がフェニックスへの連絡を希望される場合には、フェニックスが設けた問い合わせページまたはフェニックスが指定するメールアドレスあてのメールによって行っていただくものとします。フェニックスは、お客様からのお問い合わせに対する回答を原則としてメールのみで行います。

権利義務などの譲渡の禁止

お客様は、本利用規約に基づくすべての契約について、その契約上の地位およびこれにより生じる権利義務の全部または一部を、フェニックスの書面による事前の承諾なく第三者に譲渡することはできません。

準拠法、裁判管轄

本利用規約の成立、効力発生、解釈にあたっては日本法を準拠法とします。また、フェニックスのサービス(掲載内容や広告などを含む)、ソフトウエアに起因または関連してフェニックスとお客様との間で生じた紛争については東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

利用規約の適用制限について

本利用規約の規定がお客様との本利用規約に基づく契約に適用される関連法令に反するとされる場合、当該規定は、その限りにおいて、当該お客様との契約には適用されないものとします。ただし、この場合でも、本利用規約のほかの規定の効力には影響しないものとします。

(2011年9月1日改定)

第2章 プライバシーポリシー

フェニックスのプライバシーに関する方針は、以下のとおりです。また、子どもたちのプライバシー保護に関するフェニックスの考え方については、こちらもご覧ください。

プライバシー情報のうち「個人情報」とは、個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、住所、電話番号、連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報を指します。

プライバシー情報のうち「履歴情報および特性情報」とは、上記に定める「個人情報」以外のものをいい、ご利用いただいたサービスやご購入いただいた商品、ご覧になったページや広告の履歴、お客様が検索された検索キーワード、ご利用時間帯、ご利用の方法、ご利用環境、郵便番号や性別、職業、年齢、お客様のIPアドレス、クッキー情報、位置情報、端末の個体識別情報などを指します。

I 履歴情報および特性情報について

履歴情報および特性情報の取得
お客様が メンバーID(以下本章で「ID」といいます)を登録される際に郵便番号や性別、職業などをお尋ねします。また、フェニックスは、お客様が利用されたサービスやソフトウエア、購入された商品、ご覧になったページや広告の履歴、お客様が検索された検索キーワード、ご利用時間帯、ご利用の方法、ご利用環境(ご利用に際しての各種設定情報なども含みます)、お客様のIPアドレス、クッキー情報、位置情報、端末の個体識別情報などの情報を、お客様がフェニックスやフェニックスの提携先(情報提供元、広告主、広告配信先などを含みます。以下「提携先」といいます)などのサービスをご利用になったりページをご覧になったりする際に取得します。

履歴情報および特性情報の利用目的
フェニックスは履歴情報および特性情報を大きく分けて以下の目的で利用します。

(1)ログインが必要なサービスで、同じお客様からのアクセスかどうかを確認する場合
(2)お客様のセキュリティを確保するため、一定の時間が経過したお客様に対してIDやパスワードの再入力を促す場合
(3)ショッピングなどにおいて、お客様のショッピングカートにある商品を処理できるようにする場合
(4)フェニックスやフェニックスから広告を配信している提携先サイトの利用者数やフェニックスや提携先サイトへの誘導数を調査する場合
(5)フェニックスや提携先が最適なコンテンツ、広告、各種サービスのご案内などをお客様に配信したり提供したりする場合
(6)フェニックスや提携先が提供しているサービスや広告の内容を、充実させたり、改善したり、あるいは新しいサービスを検討したりするための分析・抽出等を行う場合
(7)提携先に、どのような広告や情報、サービスなどを掲載または提供していただくことが効果的であるかなどを分析して提供する場合
(8)お客様からのお問い合わせに対応するために、お客様のサービスご利用状況を確認する場合

II 個人情報について

個人情報の取得
お客様がIDを登録される際にメールアドレス、生年月日などをお尋ねします。また、ご利用いただく方を特定する必要がある場合やフェニックスにお問い合わせをいただいた際に連絡先を確認させていただく必要がある場合に、氏名、生年月日、住所、電話番号、銀行口座番号、クレジットカード番号、運転免許証番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。また、お客様と提携先などとの間でなされたお客様の個人情報を含む取引記録や、決済に関する情報を当該提携先などから取得することがあります。
フェニックスが取得した個人情報は、フェニックスのサービスまたはフェニックスを経由してご利用いただくサービスを提供するために必要なものに限られています。

個人情報の利用
フェニックスはフェニックスが取得した個人情報を大きく分けて以下の目的で利用します。

(1)お客様にご自分の登録情報の閲覧や修正、ご利用状況の閲覧を行っていただくために、氏名、住所、連絡先、支払方法などの登録情報、利用されたサービスや購入された商品、およびそれらの代金などに関する情報を表示する場合
(2)お客様にお知らせや連絡をするためにメールアドレスを利用する場合やお客様に賞品や商品を送付したり必要に応じて連絡したりするため、氏名や住所などの連絡先情報を利用する場合
(3)お客様の本人確認を行うために、氏名、生年月日、住所、電話番号、銀行口座番号、クレジットカード番号、運転免許証番号、配達証明付き郵便の到達結果などの情報を利用する場合
(4)お客様に代金を請求するために、購入された商品名や数量、利用されたサービスの種類や期間、回数、請求金額、氏名、住所、銀行口座番号やクレジットカード番号などの支払に関する情報などを利用する場合
(5)お客様が簡便にデータを入力できるようにするために、フェニックスに登録されている情報を入力画面に表示させたり、お客様のご指示に基づいて他のサービスなど(提携先が提供するものも含みます)に転送したりする場合
(6)代金の支払を遅滞したり第三者に損害を発生させたりするなど、本利用規約に違反した方や、不正・不当な目的でサービスを利用しようとする方のご利用をお断りするために、ご利用態様、氏名や住所など個人を特定するための情報を利用する場合
(7)お客様からのお問い合わせに対応するために、お問い合わせ内容や代金の請求に関する情報などフェニックスがお客様に対してサービスを提供するにあたって必要となる情報や、お客様のサービスご利用状況、連絡先情報などを利用する場合

個人情報の開示への同意
フェニックスのサービスのご利用に際しては次の事項をあらかじめご承認いただくものとします。

(1)IDやニックネームを、サービスを閲覧している人に表示すること。また、個人情報を不特定多数に対して開示する必要があるサービスでお客様の写真、年齢、身長、出身校などの情報を表示すること
(2)お客様が提携先の提供するサービスや商品の申込みをしようとする際に、氏名、住所、連絡先などフェニックスにすでに登録されている情報のうち、申込みに必要な情報を当該提携先に開示すること
(3)提携先のサービスなどの支払方法としてクレジットカードやペイパル等を指定された場合において、お客様が支払を遅滞し、または、破産もしくは民事再生の手続の申立てを受け、もしくはお客様自らがそれらの申立てを行うなど、お客様の信用不安が発生したとフェニックスが判断した場合に、当該提携先がお客様に対して自ら代金を請求するために必要な情報を、当該提携先からの個別の求めに応じて開示すること
(4)提携先のサービスなど、フェニックス以外の会社が提供するサービスに関するお問い合わせをフェニックスが受けた場合で、お問い合わせに対する回答を提携先から直接行うことが適切であるとフェニックスが判断した場合、お問い合わせの内容およびメールアドレスなどの回答先情報を当該提携先に開示すること
(5)代金の支払を遅滞したり第三者に損害を発生させたりするなど、本利用規約に違反した方や、不正・不当な目的でサービスを利用しようとする方の利用をお断りするために、ID、ご利用態様、氏名や住所など個人を特定するための情報を提携先等に開示すること
(6)フェニックスのサービスの終了やフェニックスと第三者との事業提携等に伴って第三者が当該サービスの全部もしくは一部を承継する場合、または当該サービスの全部もしくは一部が第三者がすでに提供しているサービスと統合される場合に、サービスの承継や統合に必要な情報を当該第三者に提供すること

個人情報の第三者への提供
前項であらかじめ同意いただいている場合以外についても、以下の場合には、フェニックスは個人情報を第三者に提供することがあります。

(1)裁判所から、法令に基づく開示を命じる判決もしくは命令を受けた場合、または、警察などの公的機関から、捜査権限を定める法令に基づき正式な照会を受けた場合
(2)フェニックスまたは提携先のサービスの利用に関連して、お客様が法令や本利用規約、ガイドラインなどに反し、第三者またはフェニックスの権利、財産、サービスなどを保護するために必要と認められる場合であって、本人の同意を得ることが困難な場合
(3)人の生命、身体および財産などに対する差し迫った危険があり、緊急の必要性がある場合であって、本人の同意を得ることが困難な場合
(4)その他、個人情報保護法上許容される場合

III セキュリティについて

お客様ご自身による、登録情報の閲覧や修正、ご利用状況の閲覧にあたっては、登録情報保護のためパスワードの入力をしていただいています。また、フェニックスは必要がある場合、データ伝送を保護するために業界標準のSSL暗号を使用します。
お客様に製品やサービスを提供する目的で、フェニックスが第三者に業務を委託する場合には、業務委託先の管理を適切に実施するために契約を締結しています。

第3章 コミュニティーサービスに関する規則(ガイドライン)

フェニックスのコミュニティーサービスとは

コミュニティーサービスとは、お客様ご自身によるコンテンツの投稿などができる機能や、お客様同士で交流できる機能を有するサービス全般をいいます。

コミュニティーサービスに投稿などをされたコンテンツの取扱い

お客様がコミュニティーサービスに投稿などをされたコンテンツの取扱いは原則として第1章総則の定めに従いますが、複数のお客様の手によって記述、修正、削除などがなされてひとつの情報が形成されていく機能を提供しているサービスにおいては、お客様が投稿などをされたコンテンツをほかのお客様が自由に改変そのほかの利用を行うことを承認し、著作権、著作者人格権そのほかの権利を行使しないことをお客様にお約束いただいたものとみなします。

コンテンツの公開制限機能

コミュニティーサービスの中にはお客様が投稿などをしたコンテンツの公開対象を限定する機能を提供しているものもありますが、フェニックスは本利用規約の順守状況などを確認する目的で必要に応じてそのコンテンツの内容を確認させていただくことがあります。
また、当該機能の運用には万全を期しておりますが、運用上の事情により、やむを得ず当該コンテンツが公開対象範囲外の方に公開されてしまう可能性がありますので、あらかじめそのことにご同意のうえで、当該機能をご利用いただくものとします。

メッセージ機能とその閲覧および削除権

コミュニティーサービスにおけるメッセージ送受信機能は、フェニックスの提供する電子掲示板の仕組みを通じて提供されます。フェニックスは必要に応じてその内容を閲覧し、本利用規約に照らして削除することがあります。

新着情報機能および削除権等

コミュニティーサービスにおける新着情報機能は、フェニックスの提供する電子掲示板の仕組みを通じて提供されます。フェニックスは、本利用規約、新着情報入力画面記載の重要事項の確認等に照らし、お客様からの掲載の申請に応じないこと、お客様の表示を制限したり削除すること、お客様のフェニックスのホームページの利用を停止することがあります。

話合いの手続について

コミュニティーサービス上のコンテンツについて苦情などが寄せられ、苦情の申告をされた方と当該申告の対象となったコンテンツの投稿などをしたお客様との間での話合いによる解決が適切であるとフェニックスが判断した場合には、フェニックスは、フェニックスが定める手順に従って話合いの手続を求めることができるものとします。

第4章 ソフトウエアに関する規則(ガイドライン)

ソフトウエア

このガイドラインはフェニックスの提供するソフトウエアに関して適用されるガイドラインです。

本章でソフトウエアとは、フェニックスの提供するアプリケーションプログラム、フェニックスウェブサービスのコンテンツのビューアなどフェニックスの提供するサービス利用のために必要なソフトウエア、その他フェニックスの提供するソフトウエア全般(アップデート版、修正版、代替品および複製物を含みます)をいいます。なお、ソフトウエアには、お客様がこれらを利用して自ら開発することができるものも含まれています。お客様がそうしたソフトウエアを利用して自ら開発したソフトウエアコンポーネント(以下「開発ソフトウエア」といいます)については、お客様が一切の責任を負うことになります。

利用上の制約

フェニックスは、お客様への通知を行うことなく、自己の裁量に基づいていつでもソフトウエアや特定の機能に関して利用の制約(たとえば、ソフトウエアを介してフェニックスのサービスへのアクセス回数、アクセス時間などについて制限することなど)を行うことができるものとします。また、ソフトウエアに関するサポートや修正版(アップデート版を含みます)の提供は、フェニックスの裁量に基づいて行い、またあらかじめお客様へ通知を行うことなく、それらを終了する場合があります。

ソフトウエアに関する順守事項

ソフトウエアのご利用にあたっては、以下の行為が禁止されます。

(1)リバースエンジニアリング、逆アセンブルを行うこと、また、その他の方法でソースコードを解読すること
(2)人の生命・身体または財産に重大な危険をおよぼすおそれのある設備などを制御するためなどにソフトウエアを利用すること
(3)対価を受ける目的でソフトウエアまたは開発ソフトウエアを自ら利用し、または第三者に利用させること
(4)書面その他フェニックスが指定する方法による事前の承諾を得ることなく、ソフトウエアを販売、賃貸、使用許諾すること
(5)合理的に必要相当な数を超える利用、乱用などを行い、または、ソフトウエアの使用についてフェニックスが定める指示などを順守しない用法でソフトウエアを利用すること
(6)ソフトウエアを提供する目的に外れた態様でソフトウエアを利用したり、フェニックスが不適当とみなした方法・態様でソフトウエアを利用すること

権利関係

ソフトウエアおよび実行ファイル、その他ソフトウエアに関する一切の権利は、当該ソフトウエアの著作権を有するフェニックスまたはフェニックスの提携先に帰属します。ただし、開発ソフトウエアに関して著作権法に基づきお客様に権利が生じる場合、当該権利については上記の限りではありません。

無保証

フェニックスは提供するソフトウエアについて、第1章総則の定めのとおり、エラーやバグ、論理的誤り、不具合、中断その他の瑕疵(かし)がないこと、信頼性、正確性、完全性、有効性について一切保証しておりません。ソフトウエアは明示または黙示の有無にかかわらず、フェニックスがその提供時において保有する状態で提供するものであり、特定の目的への適合性、有用性(有益性)、セキュリティ、権原および非侵害性について一切保証しておりません。

(2011年9月1日制定)