書くだけで実現!引き寄せの法則にはノートが効果的

成功者はみんなやっている引き寄せノート

引き寄せの法則を実践して成功している人のうちほとんどと言っていいほどの人が「引き寄せノート」を書いています。書かなければ成功しないというわけではありませんが、紙に書き出した方が具体的なイメージが描きやすいですし、後から自分の思考を振り返ったり、忘れたころに実現した願望を確認することができるのでノートに書くことはとてもおすすめなんです。引き寄せノートの作り方はいろいろあって、ネットで検索すればたくさんのものを見つけることができるのですが、何冊もノートを作ってもそれをマネジメントできないと意味がないですし、初めての場合はまず1冊から始めてみましょう。ノートは100円で売っているものでもなんでもいいですが、自分のテンションが上がるお気に入りのノートを探してみてもいいですね。

過去形で願望を書き込むだけ

ノートの書き方も基本的には自由です。1日1ページを使って毎日3日後とか1週間後はこうなっているという風に過去形で書いていく人もいます。でも、忙しいと毎日続けるのはなかなか難しいですよね。そういった場合は、とにかく自分の願望を箇条書きにノートに書いていきましょう。この時も「願いがかなった」というつもりで過去形で書いていくことがポイントです。例えばあなたがハワイに旅行に行きたいのだとしたら、「念願のハワイに行ってきた!ごはんもおいしいし海もきれいで最高のバケーションだった!」という風に書いていきます。具体的に書いていくことで、書きながら自分がワクワクすることが大切です。はじめのうちは「叶ってもないのに過去形で書くなんて…」と思ってしまうかもしれませんが、その気持ちは願望が叶うのを邪魔するだけです。空想にふけっていると思って、あなたが欲しいもの、叶えたいこと、行きたい場所を具体的に書いてみてくださいね。毎日書く習慣をつけられない人も、寝る前にノートを見てワクワクしながら眠りにつくといいですよ。未来の自分が日記をつけているような感じで書いてみるのもいいでしょう。

ビジョンボードもおすすめ

引き寄せノートはイメージをしやすいように文字で書いて想像力を高めるものです。文字だとなかなか想像できない、ワクワクできないという人は雑誌の切り抜きや写真などを使ってビジョンボードを作るともっと想像がしやすくなります。自分の好きなものだけで作られたボードは見た目もかわいいですし、インテリアにも最適です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る