ソウルメイトとの出会いとどういった関係性を持っているの?

自分にとってのソウルメイトとはどんな存在?

ソウルメイトとの出会いは、偶然もあれば必然だったり、神秘的だったりもします。ソウルメイトというのは、簡単に説明すると魂の友と言われています。恋愛においては運命の人とでもいうのでしょうか。この世に生を受けたすべての人は運命の人と出会うと言われています。すぐ近くにいるかもしれないですし、まだ出会っていないかもしれません。まだ自分の中で「この人だ」と思える人がいない、まだ出会っていないのであれば早く出会ってみたいと思いませんか?

ソウルメイトとの出会いで自分はどう変わってしまうのでしょうか。必ずしも出会ったからと言って関係性を持つとは限らないわけで、恋人同士になれるとも決まっているわけではありません。魂と魂の学びという意味を持っているので、出会ったことで人を受け止められるようになるといいます。相手の心をとにかく受け止めることができるようになるのです。相手の弱さも自分の弱さもすべてを受け入れられる、それがソウルメイトとの出会いで変わることができる点です。

ソウルメイトというのは、必ず何か役割をもって自分の前に現れてくれます。自分にとって必要なことを学ばせ気づかせようという意味で現れてくれます。その姿や両親だったり先生かもしれません。親友や恋人かもしれません。夫婦となって一緒に学んでいく仲なのかもしれません。ただ逆に絶対に許せない憎たらしい相手として現れることもあります。中には一瞬だけすれ違う人なんてこともあるかもしれません。ひとをゆるすことだったり愛のある厳しさだったり信頼など前世でやり残してしまった課題や問題を克服するために、魂と魂が出会うわけです。

一緒にいるだけで居心地がよくて安心できる、前向きになれたりお互いに欠点があることはわかっていても受け入れられるなど、同じ波長のエネルギーを持っていることが多いと言われているソウルメイト。カチンとくるようなことや、本心をつつかれても素直に聞き入れることができるような相手に出会えた時、それは魂と魂のつながりがある相手なのかもしれません。与えるだけではなく与えてもらう、与え合う関係性を築くことができるようになれる。どこにどういった出会いが転がっているかは誰にもわかりません。感覚を研ぎ澄ましておくことがおススメ。「運命の相手だ」と思える相手に出会えるかどうかもわからない世の中。そんな中で魂と魂のつながりをもって出会うのですから、宿命といっても言い過ぎではないくらいです。魂と魂の出会いは突然やってきますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る