天命…宿命…運命…その違いは?

自分の人生は決まっていると思う?

天命や宿命、運命に共通しているものは知っていますか?それは「命」です。命というのは生きるものすべてが生きていくための力となるわけですが、命の前にどんな漢字が入るかでその意味合いというものは異なってきます。

宿命とは、その名の通り命が宿るという意味を持っていますが、これは生まれる前から決まっている条件や環境などを指します。家の貧富だったり生まれてきた国や時代などですね。一般的に考えると宿命を変えることはまずできないという結論に至ります。ということは、恨んだりねたんだりしたところでどうすることもできないのです。つまり、宿命はありのままを受け入れて決められている条件の中でいかに生きていくか、どう生きていくかを考えるということが大切になってきます。

運命というのは、分解すると運ばれる命ということになります。運ばれる命ということは、待つものではないということ。つまり受け入れなくてはいけないものである、ということがお分かりいただけるのではないでしょうか。運ばれてきた生命と出会うことによって運が開けるか閉じられるかが決まる、と言っても言い過ぎではありません。人との出会い一つでいい方向にいくこともあれば悪い方向へ行ってしまうこともあります。幸運と不運をつかさどっているのが運命なんですね。

天命というのは、その名の通り天から与えられた命を指します。私たちは、この世に生を受けて生まれることを神様と約束して誕生してきています。ですが、生まれてくる前はもちろん、うまれてすぐのこと、1歳、2歳くらいまでのことを覚えているという人はそうそういないのが現実です。人それぞれ寿命は違いますが、これも天から与えられたものであり変えることはできません。

このように、それぞれの言葉の意味あいは異なりますが、共通して言える点がもう一つあります。それは何だと思いますか?3つの言葉に共通して言えるのは、人の意思や思いだけではどうすることもできないということ。ただ、運命については変えることができることもあるという説もあるように、自分のあり方や生き方、心をどうやって持っていくかで出会いも変わります。人間というのは、人との出会いで人生が左右されてしまうことも少なくない唯一の生き物。変えることができない命、変えられるかもしれない命、それぞれをどう考えていくか神様との約束を果たすという意味でも、使命を全うしなければいけないという思いに駆られる方も多いのではないでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る