妖精って本当にいるの?

妖精の存在信じますか?信じませんか?

妖精が本当にいるのなら、一度は見てみたいと思いませんか?ファンタジーの世界やゲームの世界ではよく登場しますが、見たことがないということもあって幻想の世界に過ぎない話のような気もします。特に日本ではあまりなじみがあるとはいえない存在でもありますよね。妖精を例えるなら日本では、精霊だったり妖怪のような立場だといえば、何となくわかるようなところもあるのではないでしょうか。

写真では妖精だと言われている姿をちらほらみられることもありますが、最近は動画で撮影をされるようなことも増えてきています。もちろん、一口に妖精といっても数多くの種類があります。一般的に私たちはピーターパンに登場するティンカーベルをイメージすることが多いような気もしますが、もちろん海外でもフェアリーという言葉で表現されているので、幻想の世界だけということではないようです。

また、ノームと呼ばれる精霊は、ティンカーベルのように空を飛んだりするようなことはなく、大地をつかさどる精霊だと言われています。羽が生えているわけではなく、姿形は人間に似ているんだとか。家の中で見れることもあれば外で見られることもあり、いろいろなところで見られています。

古く昔から天使と人間の間に存在しているものであると言われていて、意味を持って現れることもあれば意味を持たずに現れることもあります。人間の運命に影響を与えてくれる不思議な力を持っているとも言われていて、長い年月をかけて培ってきた文化や風習などによって信じられている国もあります。その国の一つがアイルランドです。アイルランドでは、自然の霊であるという説や異教の神々や女神、その種族の先祖が崇拝したものがすべて妖精になったという説、天国から追放されてしまったという説などいろいろあります。

遺跡や古墳のあるような場所、石で造られている塚があったり小高い丘の中腹のような場所で見られることが多いと言われています。植物にも宿っていたり森で見られることが多いのも特徴の一つですね。悪意に満ちたいたずらを目的にしている者も数多くいます。もちろん中には良い影響を与えてくれる者もいますが、よく見られると言われているのが5月1日のメイデイ、6月24日の聖ヨハネの祝日、10月31日のハロウィンです。ただ見えてもほんの一瞬だったりします。日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、海外の国の中にはこの世に存在している精霊として崇められています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る