輪廻転生とは?

多くの宗教において採用されている考え

輪廻転生とは、人や動物、植物などは決して死ぬことなく、魂が残り、それが他のものに転移してまた新しい人生を歩み始めるという考え方を指します。つまり、今人間として生きているとしても、その命は新しいものではなく、たとえばかつて何かの動物であって、その動物が死んだ後、魂だけが人間の体に転移して新しい人間として生き方を始めたというものです。そして、人間として死んだとしても、今度は別の何かに魂が移って別の人生を歩み始めるということになりますね。

この考えは世界中の様々な宗教や文化において採用されているので、皆さんも何らかの形で聞いたことがあるのではないでしょうか。悪いことをしていると、来世には卑しい動物に生まれ変わるぞとか、何らかの才能や秀でた性格の持ち主だと、それは前世が良い動物だからだなどという意見を聞いたことがおありでしょう。これも輪廻転生の考え方の一部で、それぞれの人生の歩み方によって、次に生まれ変わるものが変わってくるという考えがあるんですね。

輪廻転生のルーツ

この宗教的な考えのルーツは古代エジプトやバビロニアにまでさかのぼることができるんです。古代エジプトでは、ファラオが死ぬと鷲の神に生まれ変わるという考えがありましたし、バビロニアでも似たような考えを持っていたことが分かっています。魂が巡り巡っていろいろな動物や人間などに変化していくというものではありませんでしたが、生まれ変わりという基本的な概念がすでに生まれていたことが分かりますよね。

こうした考えが、様々な地域で独自の進化を遂げていって、現在世界中様々な宗教や文化で特徴的な信条へと変わっていったのです。日本でもヒンズー教の影響を受けた仏教思想や神道の教えの中に、これに近いものがありますので、日本人も共感できると思う考えとなっているんですね。もちろん、人によってこの考えをどこまで受け入れるかということは異なりますが、日本の様々な宗教的な思想にある程度の影響を多くの人に与えているのは確かですね。

こうしてみると、世界中にはたくさんの宗教がありますが、ほとんどの宗教には何らかの共通する考えというものが含まれていることが分かりますよね。というのも、宗教的思想のルーツは多くの場合古代エジプトにあるとされていて、多くの基本的な思想がここで発生しているからなんですね。いろいろな宗教的思想を調べてみると興味深いものですよね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る