リーダーシップには行動的なスピリチュアリティが求められる

単に物事を考えるだけでなくアクティブでなければならない

スピリチュアリティのことを真剣に考えて成功するリーダーは、単に考えるだけでなく、考えたことから行動に移すべきことを見出すものです。考えて批判したり意見を言ったりするだけの人だったら、周りも面倒くさい人だと思ってしまいますよね。でも、考え深い人がどのようにしたら、よりうまく仕事や人間関係を行っていけるかという結論を出して、それを実行してくれたら、周りの人にも役立つものとなりますね。それで、行動的なスピリチュアリティを見出すことが、リーダーシップには必要だということですね。

バランスの取れた行動が取れるようになるというメリットがある

考え深くて、なおかつその思考によって生まれた決定を実行する能力のある人は、バランスの良い決定ができるというメリットを持つことになります。とにかく行動力はあるものの、無謀で周りの人が迷惑してしまうというケースを見たことがあるのではないでしょうか。また、良いアイディアを出すことができるのに、優柔不断で実行力がない人を見て、イライラしたこともあるのではないでしょうか。リーダーとしてうまくやっていくには、思考力と実行力の二つが合わさっていなければいけないということですね。

考え深い人は、想像力が豊かですので、一つの決定をしてそれを行ったら、自分や周りの人にどんな影響が及ぶのかということを推測することができます。結果がもたらす良いこともリスクも予想しますので、無謀でもなく臆病でもなくちょうど良いバランスの行動ができるということになりますね。また、リスクについてもしっかりと考えますので、万が一うまくいかなかった時の備えもしていて、責任を負うという意識が強くなります。周りを巻き込んで行動したはいいけども、失敗した時に責任を周りに押し付けるような人とは一緒になりたくないですよね。

こうしたことを考えると、考え深く、同時に実行力のある人は、高い確率で物事をバランスよく進めることができますし、万が一失敗しても上手に事を収める術を知っていると言えるでしょう。仕事でもそうですし、人間関係においても、難しい決定をする必要が出てくる時もありますが、この原則を覚えておきましょう。何をするにしても、行動的なスピリチュアリティというアイディアを思い出し、この二つのプロセスを重要視して、上手に物事を扱っていくようにすることをお勧めします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る