どんなもの?パラレルワールドについて探ろう

自身が選択した事とは別の選択肢の世界が並行宇宙

SFの世界などでもパラレルワールドは題材などに用いられることがありますね。しかし、パラレルワールドとはどういったものなのでしょうか。パラレルワールドは並行宇宙とも呼ばれ、自身が今存在するのと並行して、別の宇宙も存在しているという説です。例えば、怪我をした自身がいれば怪我をしていない自身もいるという考え方です。私達人間の人生は、色々な場面で選択を迫られることがありますね。日常のその日に着ていく服や、食べるもの、会う相手など細かなことでも選択をしているものです。こうすることで現在を作り上げていると考えられます。もしその日にデニムパンツを穿くことを選んだら、デニムパンツを穿いた自分として一日を過ごすことになりますね。ただ、例えばデニムパンツではなくスカートを選ぶという、別の選択しなかった世界も並行して存在しているというのが、平行宇宙の要点となっています。デニムパンツではなくスカートを穿いて外出をする自分もいる世界があるということですね。また、色々とある選択肢の中から自身が選んだ『デニムパンツを穿いた自分』のみが『現実』とされている世界なのです。

夢や目標があるならその夢が叶うような次元を選ぼう

人が選ぶことのできる選択肢のあらゆるものがパラレルワールドとなって並行して存在しているものです。そうした並行宇宙のある中において、私達は自身が望む選択をして『今』を生きているのですね。ということは、人は選択をしながら次々と次元を移っていると読み取るのも可能ではないでしょうか。この先に自身の望む選択があるなら、その未来の次元に移ることでその場を自身の『現実』にできるのです。人は、『あの時こうしていれば』と誰しも後悔をしながら生きているものですね。それでも、その時には選択をした自分もいるはずなのです。並行宇宙という概念を知り、自身が1つの選択をすることが大きな意味を持つのだとわかるでしょう。選択をすることの大切ささえも教えてもらうことができるのです。もし叶えたい夢や目標などがあるなら、その夢などと自身とを関連付けてその夢などが叶うような次元を選ぶのがおすすめですね。自身が選ばなかった世界もあるのだと知ると、現実の世界は自身が選んだ世界なのだと理解できます。要するに、未来自体も自身の力によって切り開くことができるので、日々の選択1つ1つが大切になってくるのですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る