春のうちに寄生虫駆除をしましょう①

春は体内にひそむ寄生虫が卵を産む時期です。寄生虫がいると、「奪われる」「寄生する」といった寄生虫的な思考や出来事が現実となって現れます。1年のうちで寄生虫の除去に最適なのは春です。

寄生虫に感染するとどんな感情になる?

寄生虫は、生の魚や肉、野菜などに生息しています。目に見えるものから見えないものまで、数十万の種類があります。
寄生虫は体内洗浄を受けて死滅するときに、人間にこのような感情を与えてきます。

□他人に利用されなければならない
□他人に搾取されなければならない

こうした思考を持っていると、そのような現実が目の前に現れます。
例えば歯ぎしりをしていたら、それは体内に寄生虫がいるという肉体からのサインです。

どうやって駆除するの?

寄生虫を留めるのは思い込みや思考パターンがあることも要因です。
こうした思い込みに働きかけをすることと、ハーブなどの錠剤で物理的に駆除する方法の2通りあります。春のうちに、両方行うのが望ましいといえるでしょう。

駆除するとどうなるの?

さまざまな感覚や感情が湧きあがっては解消されます。寄生虫は欲するものや必要なものを強く求め、その欲求を宿主(あなた自身)に強く訴えかけてきますが、その都度、思考パターンなどから働きかけをすれば、例えば人生で出会う特定の人(自分を利用しようとする人、など)が現れなくなったり、自分自身の自尊心を取り戻すことができるようになったりします。
寄生虫が卵を産む春のうちに、寄生虫の除去を完了させるのが望ましいといえるでしょう。

phantom

phantom作家、劇作家、文筆家、シータヒーラー

投稿者プロフィール

大手メディア記者、編集者、ジャーナリストを経て作家に。シータヒーリングと出会い、執筆活動などにいかしている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る