興味深い!遺伝子スイッチがアンチエイジングに役立つ可能性あり

老化速度を遅くできる遺伝子があることがわかった!

人間は誰しも衰えていくものではありますが、日常的な習慣や努力をすることなどにより、若さを維持することはできないわけではないですよね。この頃では、研究でそういったことが解明されてきているのです。老化の速度は人により異なり、それは『長寿遺伝子』が関わっていることがわかったということなのです。これは、発見されて間もない老化速度を調節できる遺伝子のことを言います。いつまで経っても若々しい方というのは、長寿のDNAが元気に働いていることから、今注目を集めているのですね。この長寿遺伝子は特別というわけではなく、自身の努力や工夫次第で働きが変わってくるのが特徴となっています。

長寿DNAのスイッチをオンするには毎日の運動もポイント

長寿のDNAを働かせるためには、日常に運動を取り入れるのが大事であることもわかってきています。運動することにより、筋肉を収縮させることが、長寿DNAの活性化に繋がると考えられるのです。激しい運動をする必要はありませんが、じわりと汗をかくくらいが望ましいですね。中では、インターバル速歩がおすすめです。まずはゆっくりと3分間歩きます。そして、次の3分間では息があがるほどに速く歩くのです。これを5回繰り返し、全体として30分間行うのです。週に5回以上行うのも理想ですね。また、床に座り膝にクッションなどを挟んでお尻を交互に動かして前後に移動するという、お尻歩きも適しています。

カロリー制限をして長寿DNAのスイッチを入れることが可能!

普段の食事をカロリー制限する点も、長寿遺伝子を活性化させるきっかけとなります。必要となる栄養素はきっちりと摂りつつも、その人の年齢や生活の規則などによって必要となるカロリーを抑えていく方法なのですね。この頃の研究では、メタボリックシンドロームの人は長寿遺伝子がオフになってしまっていることが明らかになっています。要するに、カロリー制限をすると長寿DNAのスイッチを入れることに繋がるということですね。それに、カロリー制限をしたことで寿命が延びたとする研究結果も出ています。よって、カロリー制限が長寿に関わってくるのです。長寿DNAのスイッチを入れるためと言っても、カロリー制限のために朝食を抜くなどといったことは適しませんね。炭水化物や脂質、たんぱく質は摂り過ぎになりがちではありますが、ビタミンやミネラルといった栄養素はしっかりと摂り、カロリーのみを制限することが大事なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る