出会いがないと嘆くあなたへ。神と「結婚」してませんか?

現在、キリスト教などの宗教を信仰しているかどうかに関わらず、私たちは過去生の影響を受けていたり、幼児期の父や母との関係などから、エネルギー的に神と「結婚」の誓いや契約を結んでいることがあります。

男女によって異なる思考パターン

たとえば、いまよりずっと過去に修道女だったことがある場合、神に結婚の誓いを立てていたかもしれません。宗教に関係する職務に就いていた場合も、同様です。

この人生でみる場合、
女性の場合は父親の影響を。男性の場合は母親の影響を強く受けます。
シータヒーリングの筋肉反射テストなどで、以下の項目をチェックしてみましょう。

□父親と「結婚」している。(女性の場合)
□母親と「結婚」している。(男性の場合)
□父親を幸せにしなければならない
□母親を幸せにしなければならない

自分の家族を持つということがイメージできますか?

あなたが独身の場合、家族が困ったときに面倒をみる役割を担っているとしたら、
あなたにとっての「家族」とは、今の家族のことを指し、【すでに家族がいる】という思考が働くため、あなた自身がパートナーをみつけ、新しい家族をつくりたいと願っていても、叶わない場合があります。

このため、現在の家族とは適切な距離感を持ち、自分自身はどんなパートナーをみつけ、どんな家族を築きたいのかということをイメージすることが大切です。
以下の項目をダウンロード、またはクリアリングしてみましょう。

□自分の家族を持つという感覚がわかる

現在の家族が、安心を感じられる存在だとしたら、そのコンフォートゾーンを出て、新しく家族をつくることを自分に許すことも必要です。
思考のブロックが浮上したら、早く手放し、理想の家族を自分でつくりましょう。

phantom

phantom作家、劇作家、文筆家、シータヒーラー

投稿者プロフィール

大手メディア記者、編集者、ジャーナリストを経て作家に。シータヒーリングと出会い、執筆活動などにいかしている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る