「遺伝だから太っても仕方がない」という思考を変える

ダイエットがうまくいかない人がよく言う言い訳

痩せたいと思い一大決心をしてダイエットを始めても、すぐに挫折してしまいリバウンドする人は少なくありません。結局元通りの食生活に戻ってしまって、あっという間に体重も増加…。そんな時に多く使われる言い訳のひとつに「私は、親が太っているからその体質を受け継いでいて、痩せることはできない」というものです。

確かに、最近の研究で肥満体質は遺伝が関係しているということが分かってきました。肥満遺伝子は今でこそ生活習慣病の原因になったり見た目の美しさを邪魔するものであったりと、悪いものとされていますが、かつて食料が少なかった時代には必要なものでした。食べ物を食べても次にいつ食べられるか分からない、そのような環境では、食べたものを脂肪として身体に蓄積し少しずつ消費できる体質である必要があったのです。その肥満遺伝子が現在まで引き継がれてきていることも事実です。両親がともに肥満ではない場合の子供に比べると、片親が肥満の場合、両親が肥満の場合となるにつれて、子供も肥満になる確率がどんどん上がっていきます。ただ、肥満遺伝子を受け継いだ全ての子供が肥満体質になるとは限らないのです。

生活環境や食生活

よく外で見かける親子に、本当にそっくりな体型をしている場合がありませんか?親が太っていると一緒にいる子供も太っている光景を目にしたことがある人は少なくないでしょう。これは、肥満体質の遺伝もあるのでしょうが、もうひとつ、生活環境というものが影響しています。親が脂っぽい食べ物や甘い食べ物が好きだったりすると、ついつい子供にも同じような食べ物ばかりを食べさせてしまいがちです。毎日の食卓にもカロリーの高いものや肉類を並べることが多く、野菜が少なかったりすると、DNAとは関係なく子供は太ってしまうものです。

思い込みで太る

先に述べたように自分は親が太っているから痩せられないと思っている人は、その思考や思い込みが原因で痩せられない可能性があります。こまめに身体を動かしたりバランスの取れた食事を取っていれば肥満にならないところを、自分は太っても仕方がないと決めつけてしまうことが問題になるのです。自分は太って当たり前という思考を努力次第では肥満を解消できるという思考に変えてみましょう。自分の体形を遺伝のせいにする思考を変え、バランスの取れた食事ときちんとした生活習慣を身に着けることをオススメします。そうすると、ダイエットもきっとうまく続けられますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る