瞑想はDNAがもたらす体質や思考を変化させてくれる?

瞑想とは

近頃、瞑想というものが注目されているのをご存知ですか?瞑想とは、目を閉じて心を落ち着け、目の前にある現在の世界から離れて静かな時間を過ごすことです。ヨガの世界ではよく知られている瞑想ですが、ヨガでは意識を集中させて雑念を払うということはあまりしないようです。誰もが最初は上手に瞑想ができなかったりするもので、瞑想をしている間に雑念が出てきてしまったり、いろいろなことを考えてしまったりします。そこで、ヨガでは自分の身体に意識を向けることで余計なことを考えないで過ごせるようにと教えられます。もっとも行いやすいのは、目を閉じて自分の呼吸に意識を向ける方法です。ヨガ特有の呼吸法を身に着け、その呼吸を意識して行ううちに雑念が消え、リラックスできるようになります。

瞑想に正しい方法や決まった方法はないという考え方もあります。目を閉じて静かに過ごし、時には心に浮かんだ様々な考えを無理に打ち消さず、かといってその考えにとらわれずに流すというものも、やはり瞑想のひとつであると考えられているのです。瞑想は集中して一生懸命に「無」になるものだという難しい考え方をする必要はないのです。

瞑想が身体に及ぼす効果

人によっては、身体が弱くすぐに体調を崩してしまったり、思い病気にかかってしまったりするものです。このような体質はDNAが関係しているとも言われています。DNAは、親から受け継いだ遺伝子で、親の体質が子供に引き継がれてしまうことは少なくないようです。ただ、体調不良はDNAだけが原因で引き起こされるとは限りません。様々なネガティブな思考やストレスが病気を引き起こすこともあります。ネガティブな思考ストレスを減らすことで体質が変化するケースもあるようです。

そこで効果が期待されるのが瞑想です。瞑想は、集中力を高めたり創造性がアップしたりと、様々な効果や変化をもたらしてくれます。更に、不安を和らげる効果もあると言われているのです。具合が悪くなるとついつい具合が悪いことばかりを考え続けてしまい、重病なのだと思い込んでしまうことがあります。このような時に瞑想をすれば、自分の状態を客観的に見ることができ、不安を軽減することに役立つのです。また、ストレスを軽減する効果もわかっていて、ある実験ではイライラするようなテストを行ったところ、瞑想を身に着けていた人たちはストレスが低かったという結果が出たそうです。瞑想をすることで病気が治るとは言い切れませんが、身体に良い影響を与えることは期待できるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る