幸せは練習すれば引き寄せられる!

あなたにとってしあわせとは何でしょう?
「○○になればしあわせ」「○○が持てたらしあわせ」と、そのしあわせには「条件」がついていませんか?
「ないもの」をしあわせの「条件」にしていると、しあわせを引き寄せることは難しくなってしまいます。

条件をつけていたら、変えよう

「○○になったらしあわせ」という目標があるとします。
その○○が手に入るのはいつでしょうか。それまで時間がかかるとすれば、そのときまでしあわせは手に入らないことになってしまいます。

手に入ったときにようやくしあわせが手に入る
のではなく、
しあわせに向かっている「いま」の「自分」がしあわせであるという思考パターンが必要です。そうすると、よりしあわせを引き寄せることができるようになるのです。

しあわせを遠ざけていませんか?

しあわせを手に入れることを遠ざけたり、先延ばしにしているとしたら、次のような思考パターンが入っていないかチェックしてみましょう。

□しあわせを手に入れるのが怖い
□しあわせを手に入れたあとは退屈だ

大きな目標をみつけよう

ひとがしあわせだと感じられる目標には3つあると言われています。

・快楽……食欲、お金、高揚感(手にいれると一時的には満足するが持続しない)
・情熱……没頭して取り組めるものがある、フローの状態になれる(快楽よりは持続するが永久ではない)
・崇高な目標……世の中に貢献する、意味のあることを達成させるために努力し価値のあるものを生み出す(もっとも強く持続性のある目標)

崇高な目標は、自分が生まれて来た理由やこの世で果たすと決めてきた目的と密接にかかわっています。こうした目標をみつけ、しあわせを感じて生きていきましょう。

phantom

phantom作家、劇作家、文筆家、シータヒーラー

投稿者プロフィール

大手メディア記者、編集者、ジャーナリストを経て作家に。シータヒーリングと出会い、執筆活動などにいかしている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る