話題のデトックスジュースに秘められたダイエット効果とは!

体内から健康化させることを目的として作られた、デトックスジュース。
芸能人の方が夢中になっていることをメディアが取り上げ、話題になりました。
ジュースクレンズなどにも使用され「美肌」や「ダイエット」の分野で大活躍しています。そんなデトックスジュースですが、実は作るのがすごく簡単です。

材料はこちら
ペパーミントティー、しょうが、レモン、オリゴ糖

作り方
ペパーミントティーを抽出して、しょうが、レモンとオリゴ糖を入れるだけです。
温かくしても冷たくしても、どちらも美味しく飲めます。そして何よりも、飲むだけで腸に働きかけて体の毒素を排出していつの間にかスリムな体になっているというものです。そんなデトックスジュースの効果をご紹介します。

材料に秘密が…?

・ペパーミント
ペパーミントといえば、歯磨き粉やガム、飴などの香りづけとしてとても身近なハーブです。日本名を「薄荷(はっか)」といい、たくさんあるミントの中でも薬効が優れていることでも知られています。
ミントの代表的なものにスペアミントがありますが、ペパーミントに比べると香りや作用が穏やかです。そのため、薬効の強さからデトックスジュースはペパーミントがオススメです。
ペパーミントも持つ薬効はたくさんあります。消化器官に関する効果では、体内にたまったガスを排出させる働きや腸管のけいれんを抑える作用があります。ガスがたまって苦しいときなど、実際に病院では昔から「メンタ湿布」というのを用いており、ハッカ油入りの湿布をお腹に貼って、ガスの排出を促します。
ペパーミントには、発汗作用もあります。ペパーミントの成分であるメントールには血管を拡張する作用があるためです。そのため、冷え性に悩む人にも有効です。冷え性はダイエットを成功させるためにも改善しておきたい症状です。

・レモン
レモンというとビタミンCを思い出しますが、マグネシウムなどのミネラルも豊富に含まれています。マグネシウムは、腸に穏やかに働きかけて便秘の解消に効果を発揮します。
さらにレモンは香りにも薬効があります。レモンの香りの主成分であるリモノイドには、血管を広げて体温を上昇させる作用やむくみを改善する作用があります。
リモノイドは、Sトランスフェラーゼという物質を活性化させる作用があります。このSトランスフェラーゼは、有害物質にグルタオチンという物質を結び付ける働きがあるため、尿や汗として排出されやすくなります。

・しょうが
しょうがには、漢方薬にも使われているように、その効果はさまざまです。そのなかでデトックスジュースの材料として注目したい点とは「体を温めて、発汗・排尿を促す」ところです。血管が拡張するため冷え性が改善され、体が温まることで代謝が良くなるので、老廃物を貯めこまないやせやすい体質に変わっていきます。
さらに発汗や排尿促進効果によって、水毒が解消されるため、不要な水分や汗や尿としてすぐに排出されますから、むくみが改善することでもダイエット効果が期待できます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る