無理せずキレイにダイエット!プチ断食のすゝめ。

加齢によって、季節によって、運動不足、健康状態によって、さまざまな理由で私達の体は変化します。
増えすぎた体重を減らす為に行うダイエット…。
今までのダイエットは「しっかりとご飯を食べつつ痩せる」や「朝食を抜いてはいけない」などの定説があったのですが、最近そんな定説を覆す「朝食を抜き、しょうが紅茶を飲むだけ」と簡単な「プチ断食」が話題になっています。
現代人の肥満の原因から、プチ断食を行う事で、何故痩せることが出来るのかを説明します。

プチ断食のコツ

プチ断食を健康的に、効果的に行うためのコツは少しずつ段階を経て実践していくことです。
いきなりハードな断食はプチ断食ではなく、ただの断食なのでやはり、体を壊してしまいますし、絶対に長続きしません。
まずは、夕食以降翌日の朝食まで間食はせず何も食べないことから始めましょう。そして、体が慣れたら朝食だけ抜いて、しょうが紅茶に替えます。この習慣を2週間実行してみます。
朝だけプチ断食に成功したら、次に半日プチ断食、1日プチ断食へと徐々に断食期間を長くしていきます。体力的にまだ余裕のある人は、断食中でも体をほぐす運動などを加えればさらにダイエット効果が早く実感できます。
期間を変えていく途中で、体に異常を感じた方は辞めておきましょう。

「しょうが紅茶」効果は?

プチ断食ダイエットを成功させる秘訣は、しょうが紅茶です。
このしょうが紅茶はダイエット中の体にどのような効果をもたらすのでしょうか?
朝は体温が低く、胃腸の働きが低下してしまうので、食欲がなくコーヒーだけで朝食をとらないという人が多いです。
早起きをして運動でもすれば食欲もわきますが、現代人は夜更かしする人が多く、朝は1分1秒でも寝ていたいという方がほとんどでしょう。
実際に朝ごはんを取らない人の割合は、30代では30%を超えています。

朝、胃腸が働いていない状態で、無理に朝食をとると十分に消化ができず、逆に老廃物を体にためこんでしまいさまざまな不調の原因にもなります。
そのため朝起きた時のだるさや頭がぼーっとする低血糖症状を防ぐため糖質の補給が重要です。血糖値が上がることで食欲も抑えられます。
しょうが紅茶は体を温めて、代謝を促し、余分な水分を排出します。体内の老廃物を排泄する作用もあり、ダイエット効果も期待できます。

しょうが紅茶を飲む目安

しょうが紅茶には必ず黒糖ハチミツなど鉄が含まれている甘いものを混ぜて飲むようにしましょう。
赤血球の原料である鉄には体を温める効果があり、低血糖の予防にもなります。
ダイエット効果を高めるには、食前に飲みましょう。
食前に飲むことで血糖値が上がるため食欲が抑えられます。温度を上げて飲むことで、体温が上昇し、内臓や体の各器官の働きを活性化し、新陳代謝を活発にしてくれます。
しょうが紅茶を飲む目安量は1日に2~6杯です。特に、必ず1杯は飲むようにしましょう。
ただし、何事も摂りすぎはよくないので、気を付けましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る