これまでの苦しみ、なぜ起きた?

人生において、苦しい出来事はなぜ起こるのでしょう?
誰でも生まれる前から人生の目的を決めてこの世界に産まれてきます。
その目的に沿っていても、必要な出来事は起こります。それは学びがあるからです。

人生の目的を探し始めるのは、いつ?

幼いころは知識を吸収したり、論理的に物事を考えたりすることを学び、20代になると、社会に出て人間関係を学びながら成長します。
そして30代後半になると、自分の人生の目的は何かを考え、探し求める時期がきます。
このころは肉体的にも、知識や経験、メンタル的にも成長しており、人生の目的に向かう準備が整うからです。

辛い出来事は、ミッションに役立つ

起きる出来事に無駄なことはありません。
人は必要なことを学ぶために、必要な出来事を呼び寄せています。
もしも辛いことや悲しい出来事を経験したとしたら、そこから学んだことは何でしょうか。
過去を振り返り、何を学んだのかを確認することも、大切な意味があります。

人生の目的がみえないときは?

ドラマやトラウマの渦中にいると、自分ではみえないこともあります。
そんなときは友人やまわりの知人など、他の人に話してみましょう。
どのようなことを経験してきたのかを整理してもらうと、自ずと自分はどんな人を助けることができるか、どのような人の役に立てるのかといったことが見えてきます。
自分の人生や経験はどれも意味があったということに気付くと、これからの人生や経験も変わってきます。

phantom

phantom作家、劇作家、文筆家、シータヒーラー

投稿者プロフィール

大手メディア記者、編集者、ジャーナリストを経て作家に。シータヒーリングと出会い、執筆活動などにいかしている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る