瞑想で人間関係が改善できるって本当?

イチローやマイケルジョーダン、ビルゲイルにスティーブジョブスなど、世界的に有名な人達の多くが実践している「瞑想」。たかが瞑想だなんて思っていませんか?瞑想というのは、ただ物思いにふけるというわけではなく、邪念を取り除いて意識を自分の体内のエネルギーに集中することによって、ポジティブなエネルギーを作り出すことができる方法です。数年前には、メンタリストとしてテレビで活躍しているDAIGOさんが瞑想方法について紹介してくれていましたけれど、ネットを調べるといろいろな方法があるので、自分でトライしやすい方法を選ぶのがおすすめです。

■嫌なことがどうでもよくなる

私は数年前から、できるだけ時間を見つけて瞑想することを心がけています。正しくできているかどうかは自信がありませんけれど、毎日5分ぐらいの時間を確保して瞑想タイムにすることで、ストレスを翌日に持ち越さない自分自身へと改善できたような気がしますね。何かをして5分間だと、時間はあっという間に過ぎてしまうので「5分は短い」という印象がありますけれど、無の状態でじっと自分の呼吸とか内面の感覚に集中する瞑想の5分は、けっこう長めです。

私が瞑想を始めてプラスに感じていることはいくつかあって、その一つにストレス解消とか人間関係でイライラを残しにくくなったという点があります。瞑想して主観的な考えは取り除き、自分の心の中を出来るだけ客観的に分析してみてください。そうすると、怒りとかイライラな気持ちに支配されていた自分の心が、なんだか無駄なことだと思えてきます。もちろん、普段の生活ではいろいろな人間関係があるので、その中でイライラしたりストレスを抱えたり、人間関係のトラブルになってしまうこともありますよね。でも、瞑想の習慣を持っていれば、その日に感じたイライラとかストレスをその日のうちにスッキリ解消できるようになりますし、普段の生活でも、人間関係のトラブルが起きても、小さなことにいちいち反応せずに、より根本的な解決法を模索する習慣を身に着けることができるようになります。

私自身、瞑想を始めてからは、他人の言動の一つ一つに腹が立つことがかなり少なくなったような気がします。もちろん、感情を持っている人間なので、たまに腹が立つことはありますけれど、反応せずに冷静に対応できるようになりましたね。このスキルは、社会生活における人間関係だけではなく、夫婦喧嘩の時にもけっこう役立ちます。夫ともケンカになりにくくなったというか、夫の言動に反応して腹を立てなくなりました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る