顔のたるみのメカニズム、老化でなくあなたの日頃の「癖」が原因かもしれません。

老けて見られたい、なんて方は世の中にほんの一握りしかいないと思います。
大体の方は、「若々しく、キレイに見られたい」と思います。
しかし、悲しいことに、体も顔も、私達の外見は、年々重力に逆らえなくなってきます。
気になる所はいろいろありますが、一番気になる所といえば、やはり「顔」のたるみではありませんか?
体は洋服や下着で何とかなりますが、顔はどうしても隠すことは出来ません。
今回は、そんな顔のたるみを作っているかもしれないあなたの癖について説明します。

顔のたるみのメカニズム

私たちがお肌のハリを維持できるのは、コラーゲンという成分が体内にあるからです。
そして、顔のたるみの原因は、その「コラーゲン」が年齢と共に減っていくことにあります。
つまり、そのコラーゲンが豊富にあれば、コラーゲンが重力に負けないようにしっかりとお肌を支えてくれるということになります。

しかし、このコラーゲン。
前述の通り、減ることはあっても自然に増えることは無いのです。
皆さん平等に、加齢によって年々減っていきます。
コラーゲンが減っていくと、お肌を支えられなくなり、たるみが生じて毛穴も広がってしまいます。
ですが、顔のたるみを進行させる原因は、コラーゲンの減少だけではなく、あなたの生活習慣の中で自然とやってしまいがちな「癖」にもあります。

顔のたるみを進行させる癖は以下の3つです!
あなたはいくつ当てはまるでしょうか?

・お風呂は湯船に浸かるよりシャワー派である
・寝る時は仰向け以外の寝方である
・気が付けば、頬杖をしてしまう

どれか、1つでも当てはまるものはありましたか?
あてはまるものが1つでもあったあなた、残念ながら顔のたるみの原因をご自身で作っています。

・お風呂は湯船に浸かるよりシャワー派であるに 当てはまった方
「湯船に浸かる」より「シャワー派」の方、時間がなくてシャワーで簡単に済ましてしまう気持ち、わかります。
毎回お風呂にお湯を溜めて…と一人暮らしの方には厳しいかもしれません。
そこで、シャワー派の方。せめて水圧を弱にしましょう。そして顔にあてることは避けて下さい。
私達が思っているよりもシャワーの水圧は、あなたの肌の角質を剥がし、必要な油分を落としている恐れがあります。
また、シャワーを直にお肌に当てると、お肌の細胞を破壊してしまうこともあります。

・寝る時は仰向け以外の寝方である に当てはまった方
実は、たるみ予防に一番良いとされる寝方は仰向けなのです。
横向きや、うつ伏せで寝ると、もちろん顔のたるみに良い影響は与えません。そして首や肩にもストレスがかかります。
「仰向けで寝ていない」方、今日から仰向けで寝ましょう。

・気が付けば、頬杖をしてしまう に当てはまった方
学生の方は、授業中。会社員の方は、就業中。そして、休憩中。
家に帰ってからテレビも見ながら…考え事でも…。と、気が付けばついついやってしまいますよね。
しかし、この頬杖という行為。
あなたが思っている以上にお肌に負担をかけています。
頬杖をつく行為は、皮膚が伸びて毛穴を広げています。
加えて頬杖をつくポーズは、背骨を歪め、体のバランスを悪くします。

お肌がたるむ原因を自分でつくる習慣をしていた方、今日からその習慣見直してみませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る