回して、ほぐすストレッチ。体のゆがみ解消で美体型をキープする方法とは!

骨盤のゆがみは、体型を崩すだけでなく内臓への圧迫や血行の悪化、そして便秘を引き起こします。
そんな悪いことばかりの骨盤のゆがみですが、今回はその原因とゆがみに有効なストレッチについて学んでいきましょう

骨盤のゆがみの原因は?

直接の原因としては骨盤周辺の筋肉のコリが硬くなり、緊張した筋肉が骨盤を引っ張ることで、ゆがみが生じています。
その原因を根本まで掘り下げてみていきましょう。
この筋肉のコリが硬くなる原因として最も多いのが日常生活での癖です。
座る時に脚をよく組む、組む時にどちらか片方の脚がいつも上に来ていると骨盤周辺の筋肉に左右アンバランスのコリが生まれてしまいます、そこに運動不足や冷えが加わって、頑固なコリになって自然に解消できなくなってしまいます。

ゆがみを解消するには?

もっとも骨盤のゆがみに影響を与えると言われているのが「股関節」の筋肉です。
股関節を大きくゆっくり回すことで筋肉がほぐれて、ゆがみは自然と解消できます。
ゆっくりと回すことで、普段は意識しにくいインナーマッスルまで刺激して筋肉をストレッチすることができます。

ゆがみ解消法
①両手は体の横に楽な体勢でまず仰向けになります。
②次に太ももを体に対して直角に曲げて持ち上げます。
③この時、反対側の足首を直角に保って床に押し付けると上半身が安定するのでスムーズです。
④そのまま体の外側へ倒していきます。床に着きそうになる前にまた引き上げてちょうど股関節を中心にしてぐるりと円を描く感じに回していきます。
⑤左右とも内回しと外回しそれぞれ5回ずつ行います。あきらかに片方だけが回しにくいのであれば、1回多めに回すといいでしょう。

手首・足首・指回しも効果的!?

骨盤のゆがみには、手首・足首・指回しも効果的です。
手首・足首・それぞれの指には、重要なツボが集中しているので、血行が良くなり、骨盤も整いやすくなります。

足首回し
ひざから下の筋肉をまんべんなくストレッチすることができます。冷え性の人でも温かくなってきます。足首を大きくゆっくりと回します。左右とも、内回し外回しそれぞれ5回行います。この時、ひざは伸ばしておいた方がより効果的です。

手首回し
骨盤と関係するツボを刺激します。骨盤の周囲の筋肉がほぐれる効果があります。手首を大きくゆっくりと回します。こちらも足首と同じようにそれぞれ内回し外回し5回ずつ。ひじは伸ばしておいた方がより効果的です。

指回し
人差し指の爪の生え際の両側です。ここをつまむようにしてしっかりと押さえて指を回します。左右両方の指回しをしてももちろんいいのですが、どちらかコリの強い方の人差し指を回してやると、骨盤のゆがみを整えてくれます。これは「大腸経(だいちょうけい)」というツボのルートを刺激したことによる効果です。

骨盤が歪むと、体にいろいろな悪影響を及ぼします。
ゆがみを解消するためにストレッチや、足首・手首・指回しを試してみてはいかがでしょうか!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る