何を食べたらキレイになれる?話題の美容食事情を教えます!

美容食という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
聞いてみて、何となくイメージするものは、「○○を食べるだけダイエット!」や、「美容には○○がいい」という、ある一つの食材を摂取することではありませんか?

最近の食事は、ひと昔前のような自然のものや素材を使用した食事ではなく、保存料や添加物をふんだんに使用した食品や合理的で簡単なインスタント食がメインとなっていると言っても、過言ではありません。
より安く、よりお手軽作れて、より簡単に摂取できるものとなっています。
しかし食事を行う目的とは反し、本来必要なミネラルやビタミン,食物繊維が不足しバランスの取れない食生活になっています。

六大栄養素とは?

たんぱく質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維。
これらをまとめて「六大栄養素」といいます。
この中でも、特に不足しがちなのが、ビタミンとミネラルです。
この二つは、人間の体内で作ることは出来ないため、食物からしか摂取することができません。
美容を意識する上で、「ミネラル」は特に重要となってくるものなので意識的に摂取したい成分といえます。

ミネラルとは何か?

ミネラルとはカルシウム、ナトリウム、鉄、マグネシウム、カリウム、リン等の無機塩類を指します。
これらは、体にとって必要な成分であり、細胞の新陳代謝を活発にし、自然治癒力を高めるという素晴らしい働きがあり、肌や髪そして爪を美しくする大切な栄養素です。
それでは、美容を意識する上で摂取したい成分について少し見てみましょう。
・銅…髪の色を作るメラニン色素、不足すると白髪の原因になる
・セレン…ホルモンバランスを整える
・ヨウ素…ホルモンバランスを整える、不足すると髪の毛が痩せ薄毛の原因になる
・亜鉛…肌や髪のたんぱく質をつくる。爪を丈夫にし、コラーゲンの生成にも重要
・マグネシウム…血行促進、くすみ、肌荒れ、冷え、肩こり、生理痛の予防

このように、不足するといろいろな問題を起こす引き金となり得る成分です。
そしてダイエット中は、「食事制限」をまず考えますが、やはりミネラルの不足に注意しましょう。
特に、ミネラルである亜鉛カルシウム,鉄,マグネシウムは不足しがちです。
手軽に摂取したい場合は「おやつ昆布」等の昆布製品。
しっかりと摂取したい場合は、昆布出汁を使用した料理や、昆布料理を食べて、ミネラルを摂取すると共に食物繊維も摂取してみてはいかがでしょうか?低カロリーなのでとてもオススメです!

ミネラルを効率よく取るためには

海産物や動物の肉、乳製品、豆類から摂取するがベストです。
また、ミネラルはビタミンCとの相性が抜群なので、積極的に取り入れていきたいところです。例えば、海藻の酢の物やカキにレモン汁をかけて食べると摂取しやすいです。
ですが、何でもひとつの食べ物に固執したり、過剰摂取したりするのはよくないです。
ミネラルも場合によっては摂取しすぎるとよくないものもあるので、一つの食べ物を食べすぎず、多くの食材から多くの栄養素をバランスより摂取することが一番の美容食といえるのではないでしょうか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る