自分の「天命」を知ろう

「この仕事、自分に向いていないのでは?」「自分には他の道があるのでは?」
特に30代半ばを過ぎてから、こう考える人が増えてきます。現状に不満を持っている人だけでなく、すでに成功して何の不満もない人でもこう考えることがあります。
そんなときは自分の「天命」について考えてみるチャンスです。

「天命」って何だろう?

誰でも自分の人生の目的を決めて、この地球に産まれてきています。
どこの学校を出てどこの会社に入り、といった細かなレベルではなく、自分がどのように、目的に向かい、成長するかといった大きな流れをすでに決めています。
その道を歩む中で、心が成長し、徳を学び、また他の人が得を得るのを助けたりもします。

人生の目的をようやくみつけることができたとき、「もっと早くそれを始めればよかった」と後悔する人もいるかもしれません。
でも悲観することはありません。目的をみつけるまでの過程にも学びはあり、成長し、心が豊かになっているのです。

「天命」をみつけるには?

ハートの奥で何を感じているかを知ることが大切です。
雑念は脳が見せているもので、世間体や常識などこれまで聞いてきた人の声を反映しています。瞑想などで心を落ちつかせてクリアにし、雑念を振り切った状態で、自分の本当の気持ちに耳を傾けてみましょう。

ハートで感じることを続けていると、新たな出会いが広がったり、それまでストレスに感じていたことがなくなって先に進めるようになったりします。
また、直感が鋭くなったり、自分の目的により導かれるようになってきたりします。

妨げているのは「恐れ」

人生の目的に進もうとするとき、妨げになるのは「恐れ」です。
「常識」や「世間体」といったものに囚われ、前に進むことが怖くなるときもあります。
そのようなときは、本当にその声は心の声なのか、脳が見せる雑念なのかを明らかにする必要があります。

またはシータヒーリングなどのテクニックを使って「恐れ」をみつけ、思考の制限を取り外し、前に進むための思考に置き換えるといったことが有効です。
その「恐れ」から何を学んだのかを自覚すると、その恐れはやがて消え、前に進めるようになっていきます。

phantom

phantom作家、劇作家、文筆家、シータヒーラー

投稿者プロフィール

大手メディア記者、編集者、ジャーナリストを経て作家に。シータヒーリングと出会い、執筆活動などにいかしている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る