残業を減らすには? ~上司編~

「毎日残業ばかり」「終電には帰りたい……」
残業続きで心身ともに疲れきっていませんか?
あなたが上司の場合、部下に適切に仕事を振ることができているでしょうか?
どうやらあなた自身の思考パターンも影響しているようです。

「部下に任せられない」

「仕事を任せるのは不安」「自分で直したほうが早いから……」
上司であるあなたが、たとえば部下の書類や報告書などの仕事を直してしまうと、どうなるでしょう?
残業続きで帰りは連日終電、部下は「信頼されてない」と落ち込み、ひとりひとりの能力が発揮されない……なんてことも少なくありません。
仕事を円滑に進め、チームをうまく機能させるには、どのように思考を変えれば良いでしょう?

自分を犠牲にしてませんか?

責任感の強い上司ほど、このような思考パターンが考えられます。

□愛されるためには自分を犠牲にしなければならない
□自分がすべて引き受けなければならない
□自分がすべての責任を取らなければならない

すべてやってあげることが部下のためになると思っているかもしれません。
任せることや信頼することも、部下への愛情なのです。

『信頼』、できてますか?

さきほどの思考パターンを、次のように変えてはどうでしょうか?

□他の人を信頼して任せることができる
□信頼とは何かわかる
□自分を信じることができる
□他の人を受け入れることができる

一人でできることと大勢でできることは違います。
自分を犠牲にするのは終わりにして、部下を信じ、仕事の幅を広げてみてはいかがでしょうか?

phantom

phantom作家、劇作家、文筆家、シータヒーラー

投稿者プロフィール

大手メディア記者、編集者、ジャーナリストを経て作家に。シータヒーリングと出会い、執筆活動などにいかしている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る