どこでも簡単!話題の指ヨガで全身美容!

指ヨガは、手の指の動きだけで行うヨガです。
両手の指の小さな動きで、全身を使って行う本格的なヨガに引けを取らない高い効果に期待できると注目されています。
ダイエット効果だけでなく、便秘、むくみ、腰痛などの改善、集中力を高める効果もあります。
型さえ覚えてしまえば、いつでもどこでも、気が付いたときに簡単にできます。今回はそんな指ヨガの方法をご紹介します。

手の指はそれぞれに…?

指ヨガは、気の流れを大事にしています。
気の流れには一定のルートがあり、それを「経絡(けいらく)」といいます。
手には、何本もの経絡が何本も通っていて、特に手の指先は経絡の入り口でもあり出口でもある大切な部分です。ヨガにも経路と同じような考え方があります。
対応する部分は、
・親指
顔、のど元に対応します。対応する症状・効果としては、肌荒れ、顔のたるみ、むくみ、冷え性、生理痛、生理不順などです。
・人差し指
胸、腕に対応します。対応する症状・効果としては、二の腕の引き締め、バストアップ、疲労回復、二日酔い、疲れ目、肩こり、風邪、ぜんそく、胃炎、胃もたれなどです。
・中指
脳、背中、お腹に対応します。対応する症状・効果としては、腰痛、ストレス、イライラ、不眠、物忘れ、集中力アップなどです。
・薬指
ウエストに対応します。対応する症状・効果はウエストの引き締め、便秘、下痢、膀胱炎、婦人科系疾患、冷え性などです。
・小指
足に対応します。対応する症状・効果は下半身のむくみ、ひざ痛、股関節痛、下痢、便秘、膀胱炎などです。

指ヨガの方法は?

指ヨガは、一般的なヨガのように難しいポーズをする人ようはありません。運動が苦手な人でも体が硬い人でも簡単にできます。

1.脚を肩幅に広げて立った姿勢かイスに座った状態で、両手の指をできるだけ大きく広げます。左右の手の指同士を軽く合わせます。
2.親指同士を強く押しながら、鼻で呼吸を3回します。同様に人差し指、中指、薬指、小指の順で押し合っていきます。
3.すべての指を押し合ったら、最後にすべての指を同時に押し合います。この時も鼻で3回呼吸をします。

これを1セットとして3セット繰り返しましょう。1日に朝・昼・晩と3回行うと効果的です。指の第2関節が曲がるほど力を入れたり、手のひら全体を合わせたりしないように注意しましょう。
気になる症状や悩んでいる部位がある人は、対応する指を重点的に押し合うようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る