受け入れることが幸せにつながるんです!

アドラーの唱える3つの考えから、わたしたちが幸せになるためのヒントを導き出していこうと思います。ポイントは「受け入れる」です。

周りの人たちを受け入れてみよう

アドラーの考えに「他者信頼」というものがあります。「あの人は仕事が遅くて使えない」とか「彼女は話を盛りがちだから信用できない」などと、周りの人を批判的な目で見ていませんか?人は自分と違うところを短所や欠点として見てしまいがちです。でも、それは結果としてあなたのためにはなりません。「ダメだ」という評価を下したことで相手を見る目を曇らせてしまい、いいところを見落としてしまいます。そもそも、彼らが自覚しないと変わらないことに、こちらが必要以上に目くじらを立てても意味がありません。「あの人はこういうところがあるからダメだ」ではなく、「あの人はこういうところがあるよね」とあるがままを受け入れてみましょう。どうしてもよくない影響が出るのであれば、「周りに比べてちょっとゆっくりしてるから、こうすると少し早くできるんじゃない?」とアドバイスをしてみたり、「話のどこがポイントなのかを見極めていこう」と準備をしてみるといいですね。イライラして文句をぶつけるよりもよっぽどお互い気持ちよく過ごせるはずですよ。

人のために動いてみよう

アドラーの考えには「他者貢献」という言葉もあります。「それって私になんか得なの?」という利己的な考えではなく、「自分が周りのために役に立つにはどうしたらいいのだろう?」という考えで行動するのが「他者貢献」です。人のために動いていけば、どこかで必ず誰かに「ありがとう」と言われます。「ありがとう」は魔法の言葉です。この言葉を聞くと、自分が誰かの役に立っていると実感します。自分が社会にとって必要な存在であることがわかると、さらに必要とされるようになろうとします。他者貢献の考えは、人の行動を良い方向に向かわせるのです。

自分を認める

3つめの言葉は「自己受容」です。自分のことをありのまま受け入れるのって難しくないですか?ありのままを受け入れるには「このままでいいんだよ」と思わせるものが必要です。それが「他者信頼」や「他者貢献」によって培われる自信です。周りを受け入れ、周りのために役立つよう動いたことで、周りから感謝される。その繰り返しが「自分はこのままでいいんだ」という自信につながるのです。そして、自分のありのままを受け入れることができれば、必要以上に悲しんだり、妬んだり、悔やんだりすることがなくなり、幸せに毎日を過ごせるようになるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る