ただ肥満と言っても種類があります!肥満型の特徴と原因を学ぼう!

肥満体型には、実は種類があることをご存知でしょうか?
一括りに「肥満」と言ってしまえばそうですが、「皮下脂肪」による肥満と「内臓脂肪」による肥満は違います。
今回は、この2つの肥満型の特徴と原因について紹介していきます!

皮下脂肪による肥満型

皮下脂肪による肥満は別名「洋ナシ型肥満」とも呼ばれている肥満型です。
主に、脂肪が蓄積されるのは皮下組織ですので、お腹や太ももやお尻、そしてふくらはぎに多く溜まっていきます。
そして、下半身が徐々に丸みを帯びていき、皆様が見慣れている「肥満体系」になるのです。

皮下脂肪肥満型の原因は?

皮下脂肪が溜まる原因はカロリーの過剰摂取です。
脂肪は適量であれば体内で燃焼され、それぞれの部位に運ばれ活動源になります。
しかし、余分な脂肪を摂取しすぎると体内からは必要がないものとして扱われ、脂肪の分解がストップされてしまいます。
すると脂肪を運ぶ細胞が余った脂肪をいつか使用する分として、溜め込みやすい皮下組織に溜め込んでしまうのです。

皮下組織にある脂肪を減らすためには運動をすることで、脂肪を燃焼させるしかありません。
確かに食事制限も必要ですが、無理な食事制限はストレスの原因になりますのでオススメはできません。

内臓脂肪による肥満型

内臓脂肪による肥満は、皮下組織ではなく小腸や大腸等の臓器に脂肪が溜まってしまう肥満です。
「皮下脂肪による肥満型」のようにお腹が出ている人もいれば、見た目は健康体そのものですが、実は内臓に脂肪が溜まっている隠れ肥満の方々もいます。
ただ皮下脂肪と違う点は、男性に多い肥満体系で燃焼しやすい特徴を持っています。
一見、簡単に克服出来そうですが、野放しにすると非常に厄介な事になります。
それは悪性物質が大量に分泌されるということです。
例えば、「TNF-α」という悪性物質。
これは、糖尿病の原因になる成分でインスリンの働きを妨害して血糖値を上げてしまいます。そこへやってくるのが「アンジオテンシノーゲン」と「PAI-1」です。
アンジオテンシノーゲンは体内で血圧を上昇させ、PAI-1は血栓を作り出し動脈硬化を引き起こす原因になります。
これが続くと、中年男性や女性に多い「生活習慣病」になる危険性もあるので、早めに運動を取り入れて燃焼し、改善していきましょう。

いかがでしたでしょうか?

肥満と言っても一括りに分類されることはありません。
前述の通り、2種類に分かれており、それぞれ肥満の特徴や原因は異なります。
それぞれの肥満型に合わせた改善法で、健康な体を目指していきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る