なぜか私に突っかかってくるのをやめさせたい!

職場で、会合で、なぜか私にばかり突っかかってくる人がいる。そんな人への怒りや不愉快な思いから抜けられなくなってしまう……。そんな経験はありませんか?
注目すべきはそのときの自分の感情です。その怒り、一体何に役だっているのでしょう?

それを経験した人生でいちばん最初を思い出す

突っかかってくる、責められる……。
そうしたときにあなたはどんな感情を感じますか?
怒り?それとも悲しみでしょうか?
それと同じ感情を感じた、人生で最初の頃を思い出してみましょう。

たいていの場合、同じような感情を感じたときの相手は、親(父または母)または学校の先生であったりします。

なぜその感情を感じたのでしょう?

例えば父親の場合。子供のころよく父親に厳しく注意された、怒られたのが怖かった、といった出来事があったとして、そのときあなたはどのように反応したでしょうか?
怒って言い返したりして立ち向かう場合もあれば、ふさぎこんで自分の殻に閉じこもるなど内側に向かうケースもあります。

そうした行動によって得たものがあるとすれば何でしょう?
反抗することによって強さを得ていたかもしれません。
ふさぎこむことで自分を守っていたのかもしれません。

これまでの学びを完了させる

責められ、怒りを感じることで、強さを身につけていたとしたらそれも立派な学びです。
ただ、責められる、突っかかられるといった出来事が繰り返し起きているとすれば、それにも何らかのメリットがあるはずです。
逆に言えば、強さを継続して持ち続けるために(なくさないために)そうした出来事を呼び起こしているとも考えられます。

なので今までの学びを完了させ、
「責められたり、突っかかられるといった出来事がなくても、
いつも強さを持ち続け、自分のために立ち上がることができる」
といった感覚を呼び覚ますと良いでしょう。シータヒーリングではそうした感覚感情の置き替えが有効です。

phantom

phantom作家、劇作家、文筆家、シータヒーラー

投稿者プロフィール

大手メディア記者、編集者、ジャーナリストを経て作家に。シータヒーリングと出会い、執筆活動などにいかしている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビ知恵蔵に質問する

ページ上部へ戻る