現代女性がこだわる美の数字、食事制限がもたらす危険とは?

美しくありたい…と女性が思うことは、全世界共通でいたって自然なことです。
抜群のスタイルで堂々と歩くその姿は全世界の女性の憧れですよね。
ですが、この理想や憧れた体型に近づくための行いが過度なものになっていることが現状です。
2015年4月初旬、フランスでは、痩せ過ぎファッションモデルの活動を禁止、痩せ過ぎモデルを雇用した業者に最大7万5000ユーロ(約980万円)の罰則、さらに最大6か月の禁固刑を科す法案を可決したニュースはご存知でしょうか?
これは、フランス国内に約4万人の患者がいる「拒食症」を防ぐのが狙いだということです。
日本でも、理想を追い求めて無理な食事制限をする女性が増えています。現代女性の摂取カロリーは、なんと終戦直後よりも少ないということです。
現代女性はなぜここまでして痩せようとするのでしょうか。

 

数字にとらわれすぎている傾向が…

世間では、男性が女性に体重を聞くのは失礼。といった文化があります。
こういった文化の流れからか男性と女性とでは特に女性は自分の体重を公表することを拒みます。それは、体重の数字が少なければ少ないほど、痩せていると思っているからです。人より多いと恥ずかしいという気持ちがいつの間にか身についてしまっているのです。見た目が痩せていても、身長が高くても、人は数字ばかりを気にします。
一体なぜ、痩せていれば痩せているほど良いという傾向にあるのでしょうか。
数字にとらわれることはいかがなものでしょうか。

原因はメディアが作った社会にあり?

現在スマートフォンやパソコンの普及で、テレビや新聞、インターネットや書籍などのメディアから膨大な情報を取り入れることが可能です。また、ネット上のブログや最近流行しているSNS上で、簡単に人気有名人と繋がることもできます。その膨大な情報、身近な繋がりこそ、現代女性が数字ばかりにこだわる原因の一つではないでしょうか。
人気有名人は、自身のスリーサイズや身長、体重を世間に公表する方が多いです。そして世の女性は憧れの人気有名人のスタイルに少しでも近づこうとします。その結果、過度な食事制限をしてしまう方が増えています。

食事制限が及ぼす多大な危険

痩せ過ぎには危険がたくさんあります。成長期の子どもの食事制限は特に要注意です。伸び盛りに食事制限などすると、成長の阻害になります。
骨や筋肉が十分に育つことが出来ず、脳にまで影響をもたらします。また、全女性に言えることでは、生理が止まり、妊娠をしても赤ちゃんがしっかり育たないこともあります。さらに、栄養価が不足して肌荒れ、髪の毛の傷み、爪に艶がなくなるなど、女性には深刻な問題が多くあるのです。

いかがですか?
日本人の摂食障害による死亡率は7%といわれています。自分の理想を追うことは良いことではありますが、健康状態を欠き、死に至ってしまっては元も子もありません。
数字がすべてではありません。健康的に美しさを保つ方法を見つけ、メディアに流されず、自分を強く持って必ずしも無理をしないようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スピナビストに質問する

ページ上部へ戻る